あなたのニキビだいじょうぶ? すぐに出来るニキビの予防と効果

スポンサーリンク

治ったと思ったらまたポツリ

一つできても気になる
ましてや思春期などは青春の象徴のように顔にたくさんのニキビができてしまったりしますよね

ニキビ

程度の差こそあれどんな方ももしかしたら経験がある
悩まれたことがあるそういう方多いのではない
でしょうか

そして繰り返したり
こじらせてひどくなってしまうこともありますよね

ニキビってどうして出来るの? 原因ははっきりしているの?

ニキビは油や死んだ細胞などが毛穴に詰まって
中で感染または炎症を起こしている状態のことです

ニキビの重症度によっては外見が気になることにより感情に影響したり顔などに傷が
残る場合もあります

早めに治療することで後々現れる問題のリスクを下げてくれます

ニキビはただの油の固まっているものということではなくてそれらが
原因で感染や炎症が起こっているんですね

ニキビって特に思春期はとても気になりますよね
学生時代友達の中にもうもうたくさんニキビがあって悩まされていた人いたのを覚えています

ニキビを引き起こす原因にはどんなことがあるのでしょうかそしてどのような人にリスクがあるのでしょうか?

ニキビを引き起こす主な要因は皮脂の過剰分泌
皮脂や死んだ皮膚細胞による毛穴の詰まり細菌
男性ホルモンの過剰分泌
卵巣の疾患
薬物特にステロイドやホルモン剤
肌を密閉してしまう化粧品
高い湿度乳製品と糖分の高い食品かあります

ニキビが現れる部位には主に顔面
額、胸、背中、肩があります

これらの体の部位には特に脂が出やすい
脂線があるのと関係があります

ニキビはすべての人種や民族の男性も女性もリスクがあります

統計では16から18歳の85%にニキビがあると言われています

ニキビの治療は患者の年齢及び性別
ニキビの程度および重症度それがどれくらいの期間存在しているか
以前の治療に対する反応によっても治療方法が変わります

スポンサーリンク

色々な原因があるんですねそしてすべての人にリスクがあるということでした
特に多いのはやはり16から18歳ということでニキビが多い時期とそのようなことが
気になる時期

思春期にニキビで悩むというのもわかるような気がします私の子供も今ニキビで悩んでますのでよくわかりますね

ニキビどのような治療があるの?皮膚科の先生に聞きます

治療法にはいくつかあります

ニキビ専用のクリームなどは皮膚の脂を減らし
皮膚細胞の代謝を上げる働きがあり感染または炎症を軽減することによってニキビで
出来るあとを予防するのにも役立ちます

多くの処方箋薬は4から8週間 結果が見られないことがあります
肌が良くなる前に肌の状態が悪化する場合もあります

そしてニキビが完全になくなるまでには数ヶ月または数年かかることもあります

次にレーザー療法ですが今でも様々なレーザーの治療法がありますが理想的な方法
光源 線量を決定するためにはさらなる研究が必要です

化学薬品により剥離する方法もあります

この手順はサリチル酸、グリコール酸またはレチノイン酸のような化学溶液を繰り返し
使用します

治療後ニキビの改善は長続きしないことが多いので通常は繰り返し治療が必要です

ニキビの摘出をする治療法もあります

医師は特別なツールを使用して局所的な薬物で洗浄しながら
ニキビを摘出します

この技術は傷跡を引き起こす可能性があります

その他ステロイドを注射する方法もあります

家で出来る簡単な治療法はまず
ニキビのある皮膚を刺激の少ない石鹸で1日2回
ぬるま湯を使って洗うことです

洗顔用の石鹸でも刺激が強くて
スクラブ入りのものなど洗い物がありますので肌を傷つけてしまうことがあります

油性の化粧品ヘアスタイリング製品またはコンシーラーの使用を避けること

化粧品を使うなら水性 または毛穴が詰まりにくい
ノンコメドジェニックの製品を使用することをお勧めします

そして肌に摩擦や圧迫を与えないでください
ニキビが発生しやすい皮膚を携帯電話
袖やバックパックなどの肩紐などと

接触させないように保護してください

そしてニキビに触れないでください触れることで感染症やニキビ跡を残す可能性があり
ます

レーザーや薬品でニキビを治療することもあるんですね

とりあえず家では優しい石鹸で洗うあまり刺激を与えないのがいいみたいです

ニキビでお悩みの方試してみてくださいね

 

スポンサーリンク