健康

ホクロに悩んでいる方は多い?ホクロはなぜ出来るのか?予防方法 

スポンサーリンク


皆さんの中でホクロに悩んでいらっしゃる方は多いのではないでしょうか
見た目だけの問題ではなくホクロの数がどんどん増えたり
ホクロが段々大きくなったり盛り上がってくるとやはり心配になると思います

そもそも、ホクロはなぜ出来るのでしょうか?ホクロってなに?

ホクロのことを医学用語ではご飯細胞母斑と言います
母斑とは皮膚の奇形を指す言葉で色や形が普通のものとは違うことを言います
ホクロはメラニン色素を作り出すメラニン細胞が変化した
母斑細胞の増殖による良性の腫瘍の一種です
ホクロは生まれたばかりの赤ちゃんにもありますし
あとから現れることもあります
生まれたばかりの赤ちゃんの一方セントは一つ以上ほくろがあり
皮膚の色が薄い人は
そうでない人と比べてホクロが多い傾向にあります
なのでほとんどの人が一つはホクロを持っていると思ってもいいでしょう

ホクロにはどんなタイプがある?

一言でホクロといってもいろいろなタイプのものが存在します
またホクロと似た症状を呈する悪性の腫瘍も存在しますので、そのような病気を見落とさ
ないことが大切です
ホクロはメラニー細胞が変化したものなんですね
母斑細胞と言われていましたけれども
母斑というのは母という字とマダラという意味の版という字が合わさって防犯という
ようです
そしてほとんどの人にはホクロがあるということでした

ホクロの原因にはどのようなものがあるのでしょうか

ホクロの原因は実際にははっきりわかっていません
ただその人の遺伝や直射日光に当たった頻度そして
免疫力と関係しているということはわかっています
家族にほくろが多い場合同じようなホクロが同じ体の部位に見つかることが多くあります
ホクロの原因は実はまだ解明されていないんですね
ただ関係しているのは遺伝と 日光 そして
免疫力に関係しているということを私は知りませんでした

スポンサーリンク

ホクロに似た悪性のもの、どうやって見分ける?

ホクロそのものは誰にでもあると思うのですが
ホクロに似た悪性のものもあるということでした
そのあたりはどうやって見分けるのでしょうか?
ホクロは普通次のような特徴があります
ほとんどが円形か楕円形である時々
珍しい形も見られる
そして大きさは数ミリから数センチと範囲に幅があります

  • 体のどの部分でも起こることがあります
  • 身体部位によって見た目が異なります
  • 平または突き出している場合があります
  • 色はピンクや肌色から濃い茶色または黒色に変化します
  • 明るい肌色の人は明るい色のホクロをしがちであり、黒い肌の人は濃い茶色または黒色のホクロを持つ傾向があります

しかしホクロと思っているものに次の特徴がある場合は注意してください

  • サイズが直径6ミリ以上
  • 境界がぼやけている
  • 境界が不規則で異常な形状また形状の変化がある
  • さまざまな色合い主にピンク、黄褐色、黒色をしている
  • 盛り上がりはないが皮膚の表面に凹凸がある場合
  • 40歳以上で新たなホクロが出た場合出血やかゆみを伴う場合

これらの特徴がある場合はホクロではない可能性が高いのでかかりつけの医師または専門医に相談してください
ホクロと思っていてももしかしたら違う場合があるということですのでサイズや境界線、色、形状などをよく観察することが必要ですね

ホクロって治療の必要があるのでしょうか?

増やしたくない場合予防などできるのでしょうか?
ほとんどのホクロは無害で放置していても安全ですので治療することはありませんが、ほくろを除去する時のいくつかの理由があります

  • 一つ目は皮膚がんの疑いがあるもの
  • 二つ目は衣類に擦れて痛いとか、ヒゲを剃るときに邪魔になるなど生活上で何か不都合がある場合
  • 三つ目は美容上の理由からです

ホクロの予防法ですが子供の頃からの日焼きを避けることで
少なくなるということがわかっています
しかし日焼け止めを塗ったとしても完全にホクロを予防できるわけではありません
ですのでかかりつけの医師や専門医と相談してうまく付き合うことが大切です
ホクロほとんどは無害ですが程度はあるということでしたね
大きくて目立つもの小さくても生活上気になる場合
そして悪性ではないかと心配のある場合
気になることがあったら専門家に相談してうまく付き合っていくというのがいいみたいですね

スポンサーリンク