健康診断前にやっていいこと、悪いこと。数値を改善する方法とは?

スポンサーリンク

職場や自治体などから定期的に、健康診断や人間ドックの案内を受け取っておられる方多いのではないでしょうか?

そんなとき血液や尿の検査で異常値が出ないようにと、慌ててお酒やタバコを控えたり、中には頑張って運動を始めた人ももしかしたらいるかもしれません。

健診の効果とタイミングについて解説

検診には労働安全衛生法に基づき、勤労者が年に一度義務づけられている定期健康診断があります。

基本項目として

身体計測
血圧測定
内科診察
視力、聴力測定
尿検査
胸部単純X線検査のような単純な法定健診から、

それらに血液検査、
便鮮血検査
心電図検査
眼底検査
呼吸機能検査
超音波検査
上部消化管検査

また女性には婦人科検診
乳房検査などを加えた、人間ドック健診があります

さらに腫瘍マーカー
肺がん CT検査
脳MRI検査
頚動脈超音波検査などを加えることもあります。

また特別なプランとして
PET検査
がんリスクスクリーニングのアミノインデックス検査
また肥満秘伝子検査運動能力遺伝子検査などの様々な遺伝子検査を加えた検診をしている施設もあります

健康診断といってもいろいろな検査があるんですね

最近者は遺伝子の検査まで受けることができる施設もあるということです

検診でよく見つかる病気は? 検診を受けるタイミングのベストは?

日本は超高齢化社会を迎え、3人に1人はがんで亡くなる時代になりました。

検診を受ける目的の一つに、肺がん、胃がん、大腸がん、子宮頸がん、乳がんなどのガンを早期に見つけ、治療するということがあります。

またがんに次いで多くかかる病気には、心臓病、脳卒中などがありますが
糖尿病、高血圧、脂質異常などの生活習慣病が、その原因になります。

生活習慣病は早期には自覚症状がないことが多く
検診により、それらの異常を早期に見つけ
保健指導により重篤な病気を予防することもできます。

検診の目的は自覚症状のない病気の早期発見です
症状がなくても基本的には、1年に1度受けると良いと思います

もちろん体調不良やなんだとの自覚症状があれば検診を持たずに医療機関を受診してください

スポンサーリンク

健康診断を受ける前に摂取すると良くないものは?数値を改善する方法

ところで甘いもの、塩分の多いもの、お酒やたばこなど、検診数日前に取ると検査結果に悪い影響を与えるものなどあるのでしょうか?

普段から甘いものを多く食べていても、検診の直前に甘いものを立てば、空腹時血糖が正常になることがあります

ところが過去3ヶ月の血糖値の平均を反映しているヘモグロビン a 1 c を見ると
普段どのぐらい甘いものを食べているかがわかります

普段から塩気の多い食事をしていれば、血圧は上昇傾向になりますし
お酒を飲んでいれば、肝機能検査異常として現れることがあります。

タバコを吸う人は貧血とは、逆でヘモグロビンが高くなる
多血症として現れることがあります。

喫煙をすると体の中は酸欠状態になるので、体がそのバランスをとるため
ヘモグロビンを増やしていると考えられます

中性脂肪などは数値の変動が大きく
検診の前に甘いものを食べ、お酒を飲むと上昇します

甘いものや、お酒、たばこは検診数日前に控えても、
結局はいろいろな検査をするので
わかってしまうということですよね

やはり普段から体に良くないものを控えておく必要があるかもしれません

健康診断で特にオススメする検査は?これはやっておいたほうがいい検査3選

検診を受けることによって、肺がん、胃がん、大腸がん、乳がんを早期のうちに発見し
治療に結びつけることができますが、検診でおすすめする検査は
腹部超音波検査です。

超音波検査は音波を使うので、放射線被曝などの副作用が全くないばかりか
実は肥満症などの一部の人を除き、CT検査やMRI検査などよりも
体内の様子がよく見えるのです。

特に早期には症状がないすい臓がんなどの発見にとても有効です

また胸部単純X線検査では、専門家の目で見ても腫瘍が見えないときがありますが
喫煙している人、また受動喫煙による影響が心配な人には
低線量肺がんCT検査がおすすめです。

最後に女性の方へ

子宮頸がん、乳がんは、予防可能な病気です

ぜひ定期的に婦人科検診、乳房検査を受けていただきたいと思います

腹部超音波、婦人科検診、乳房検査

そしてタバコによる影響を調べる
低線量肺がんCT検査などがオススメということです

あなたも定期的な健康診断で健康チェックと病気の早期発見を心掛け
健康な毎日を送りください

スポンサーリンク