コラム

大名家臣団と城下町について

大名家臣団と城下町についての解説

裁判と呼ばれる行政区画に区分され統治されております
城下町は日本海イメージて萩に検出されています
城下町萩を取り上げることにしまし、内容4点順に紹介しておきます
この萩に城下町は建設されたのは17世紀初頭のことでした
後で述べますように中には農村部に居住している者がかなり含まれています

近世には規模の大きな藩

 
近世には規模の大きな版大半の1円的な統治下に置かれた地域がたくさんありました
そうした半量国間における地域社会の様相についてとぞな大半の一つ
萩藩を0にしつつこれから3回にわたって取り上げて行きます
そして半量国という枠組みには確かに規定されつつもその下で地域社会が様々に成熟を
遂げていく様子を浮き彫りにしたいと思っています
ここで取り上げる萩藩とは中国8か国の大大名なった
毛利氏が関ヶ原だ戦で敗れた後数を長門に国を新たな柳国としてあてがわれ再出発する
ことで始まった版です
首位んだか36万石17世紀初めの見地では47万国
17世紀世な見地では63万国という典型的な外様大半でした
印刷教材の角7-1にありますように
寮内は一部んないし反軍程度範囲とする
裁判と呼ばれる行政区画に区分され統治されております
また別に貼付徳山岩国などの市販もありました
城下町は日本海イメージて萩に検出されています
このほかや6時裁判の家ノ口町
三田尻裁判の三田尻町などの待ち方もありました
今日はこうした両国支配の拠点だった
城下町萩を取り上げることにします
あらかじめお話しする内容4点順に紹介しておきます
まず市加神ランド訳では城下町萩に居住した家臣団についてその組織や約負担のあり方
を概観します
次にに歯切れの城下町作りでは
関原だ戦後軍事的な防衛機能優先して建設されたのがはぎだったことを述べます
そしてさん城下町の拡充では17世紀半ばに武家地の大幅な拡充が見られたことそれは
バック服に目付けの来阪がきっかけだったことを指摘します
最後に本罪業を志向する家臣たちではそうして武家地の整備が進んだにもかかわらず
家臣団が萩に居住しようとしなかったという問題を取り上げ
版と家臣団との相克の場として城下町を捉えられるという見通しを述べることにします
この萩に城下町は検出されたのは17世紀初頭のことでした
ほぼ同じ駅全国各地でも一斉に城下町建設が進められています
それぞれの成り立ちを見てみますと城郭を中心に家臣団が居住するブケ池町人が暮らす
超人気
そして寺や人からなる自社地などに分節化された空間構成を共通して持っていました
その限りでは何もに買う縦に特徴があります
とはいえそれぞれの立地条件や社会条件に規定された個性もまた存在してはずです
ここでは城下町萩にどのような形で地域的な個性を見て取ることができるか考えていき
たいとおもいます
なお17世紀生であれば萩野町認知の人口はおよそ1万3000人
一方武家地に居住する人口の正確な数は不明ですが
同じ頃の幕府への報告では家来や家族を入れた武家人口は
ボナー数千人とされています
ただし後で述べますようにこの中には農村部に居住している者がかなり含まれています
仮にこのうち半数程度が萩に居住しているとすれば
武家地の人口はに3万人超人と合わせると34万人経度が城下町人口ということになり
ますほぼ中堅的な規模の城下町といえるかと思います
先ほどお話しましたように今日認知や子立などいくつかの要素が複合するのが城下町
だったわけですが
量的に最大だったのはもちろん武家地です
近年特に江戸においては武家地の研究が発掘調査の進展とも相まって急速に進んでい
ます
あ医療屋敷といっても事実上の売買が盛んに行われていたことを武器屋四季それぞれに
は町人社会との交流がありそうした交流によって日常の生活もいいされていたことなど
新たな知見が定義され
都市社会史研究の中身を一層豊かなものにしています
もっともこれらはとし社会の中で武家屋敷のい続けを考えるものですが
で話題にを家臣団の滞在しとして見た場合
都市としての道いた特徴が浮かび上がるでしょうか
家臣団との関係において萩城下を構成する別のあり方を考察していきたいとおもいます

me
それでは最初に萩藩家臣団の構成を見ておくことにしましょう
ここまでお話ししてきましたように領国を大幅に削減されて成立した版だった為了国の
規模に比べて課題中津の家臣団を当初から抱え込んでいた点に特徴がありました
今慶安5年1652年の分限帳に即してその構成を概観しておきます
この帳簿には稚魚を与えられた家臣たちがまとめて記されています
なお授業とは形の上では領地を与えられるということでありファンから
切間や口を直接給付されるものに比べてぶし本来の自立的な性格を保持していたもの
でした
するとまず最上層にはもーリオなる家など
八卦からなる一文がありその次に上層家臣である
より組12名がありました
ここからいいかの食味の組頭も排出されています
続いて藩主の側に使えるて回り組や足軽部隊を率いる者だした組がありますが中核部分
は8組からなる桜組でした
i 組80名強で計664メイト事業とりか神の7割以上を占めています
このほか水軍である船て組や大工などの美術者も含めて合計で907名が搭載されてい
ます
さらにこの分限帳とは別に知行ではなく半から切りマリオ q をされる仮想の家臣
たちをまとめた
無休長があります
同じ歳のものを見ますとそこには切り枚撮りのサムライ集
352名価値のもの132目弓
鉄砲654名中間船名など合計2701メイト知行鳥のおよそ3倍が搭載されています
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
このように知行を与えられるか切り前し休暇で
分限帳無休長に二分されさらに内部がいくつもの細かな階層に分けられていました
しかもこれら帳簿での搭載順を触れ並みといっており
厳密に言えば一人一人が差をつけられて序列化されていたことになります
一門から足軽中間に至るまでが藩主を頂点にしたヒエラルヒーの中に位置付けられてい
たのです
なお人数はその後増えて行きますが組織自体はこの時のものがほぼ幕末まで維持され
ます
ではこうした家臣団の構成は一体技術できたものなのでしょうか
中核部分をなす桜組に即していけばこの組織は前年懸案4年
1651年の江戸版て体制の改編によって成立したものなどでした
この年席札合戦以来藩主の地位にあった左が死去
あとまで幼かったツナヒロがついています
この代替わりをきっかけにして江戸番手の務め方が改定されます
江戸番手とは家来が交代で江戸屋敷に詰めること
一般に言う参勤交代のこと言います
そして江戸屋好きにおいては5点の玄関近くにあった
大番所に交代で宿直市屋敷経営の人につきました
その番手が8グループでの交代体制に変更されたのでした
そのことに連動して桜組の組織自体も8組に再編されそれが幕末まで維持されたわけ
です
組織が江戸番手に直接に対応していたのですから
桜組の歌詞にとっては交代で江戸屋敷の警護することこそ
平時における最も基幹的な勤めだったことになるでしょう
ただしそれは8交代で務めるわけで順番が当たるのは8年に一同ということになります
ではそれ以外の都市は国本で何をしていたのでしょうか
実はエイド番手が当たる以外の都市にも
国本での約負担があり白盤と言って
組ごとの月交代で本丸御殿にあった
大判所への宿直についていました
また火消し役という支柱で火事が起こったとき
火元や所定の場所に出勤する義務にも
組ごとの月交代で従事していました
なお火消し役というと一見すると市中での消火活動という公共的な業務のようにも見え
ますがあくまで
し老化時から守ることを主眼とするものでありその意味では藩主への咆哮という性格を
強く持つものでした
他に浄化にあって犯罪者などを捕縛する要板なども務めています
8組とはこれら国本での売薬を遂行するための組織でもあったのです
総じて江戸版て8番訳とは
白谷5点という藩主の施設の経営防火に当たり引いては藩主自身を修正するものだった
わけで
桜組とは藩主への奉仕を目的にした組織だったと見なすことができます
ところで桜組の構成を見ますと中堅層より仮想のほうが多いという特徴がありました
200石取り以上牡馬の履修といいそれより下のショー信州と区別されるのですが
慶安5年分限帳では100個組まんだけで44%二百石未満ではおよそ60%となり
馬乗り主は4割を占めるに過ぎません
こうした構成は版役を務める頭数を確保しておくために仮想が補填された結果なのでし

家臣団が頭をいただく軍事的な組織だったことは確かですが鮮人における備えという
よりは平時の役に直接には対応するものだったことがやはり分かります
ちなみにこの頃は国本での普請役の務めもあり
はぎ近く8両投げの不振に動員されていました
当初はこの不振やこそが稚魚を与えられたことに直接に対応する訳だと見なされていた
ようです
しかし拠出する人足の人数は17世紀半ばからは減少して行き
やがて17世紀生になると現金を代わりに収める大銀のをとなっています
一方で兄やんよ年を境にオーグ3の組織は江戸版ティア国本での版役を務めるための
ものとして再編されました
しかもこれらは普請役と違って代行されたりまして代議員のをとなることはなく
以後幕末まで火神が自身で努めるべき薬としてありました
また役所勤めに配属されるものもオーグには一部みましたがその際には一時的に
売約のローテーションを離れる形を取っています
このようなことから江戸版ティア国本での番役こそが桜組歌詞にとっての期間的な務め
としてあったと考えることができます
その意味で普請役に代わって番役が家臣団統制の手段となっていたと言えるでしょう
このように
戦争はなくても家臣団には平時に固有な役がありました
家臣として知行切り前を与えられている以上
藩主への咆哮としてつかまなければならないのが江戸番手であり国本での版役だった
わけです
その際注意を払いたいのは国本でのものが白盤にしても退け4番にしても浄化に住む
ことが前提となっていたことですそこからすれば番役とは家臣団を浄化に集中させる
て来いなるものともいえるわけです
ああああああ


それではこうして編成されていた家臣たちは城下町にどのように居住していたの
でしょうか
城下町の中でも武家地を取り上げ近世前期の様子を次に見ていくことにしましょう
そもそも瀬木原田戦の後幕府との折衝の中で城下町としてはぎを選ばれたのは
せっしょつまり防衛に適した要害だったからに他なりません
ここで印刷教材の角なのにをご覧下さい
これは今日残された最も古い萩の城下町へずであり
慶安4年にバッグに提出したものの写しです
これを見ますと日本海を背にした
4月山の麓に城が築かれ城下町は2つの川に挟まれた三角州の中に設けられています
海とカートに守られた文字通り切所だったことがよくわかります
ただしそうした地形であるがゆえに中央部には
たや深田の書き込みがあるように提出を抱え込んでいました
ためにや敷地の十分な確保には限界があったろうことも容易に想像されます
しかし版はこの三角州の内部とその南に隣接する一角のみを浄化の範囲としその外に
屋敷を構えることは原則禁止していました
例えばこの頃定められた屋敷奉行の職も奇形の中に
三角州の外へ居住させることをご城下のに気愛にもありならず3つ変わるべきために
マイナーですとして禁止した一節があります
そこでは城下町の進行とともにか身を灼くに従事させることを理由にあげて
三角州内部に居住するよう求めていたのです
ただし id お屋敷ではなく開園式と言って百姓などから購入した土地に居住する
火神も降りましたしそもそも配慮や種の売買再購入されていました
特にはいりょう屋敷がその都度
過労や屋敷奉行の認可を受けて売買されていたということは他の城下町ではあまり見
られない
萩の特徴ではないかと思います
定質も多く残った城下町では土地の確保に限界があったはずです
そうした条件下では版が責任をもって家臣たちに十分レンガ色を供給することができず
そのために居住地確保が火神の自助努力にユダヤざるを得ない
そういった事情によるものだと考えることができま
2
果たしてそのことは彼診断の屋敷配置にも影響を及ぼしています
火神心音が式については900坪
400坪300坪など海藻によって坪数が定められています
その配置の実際を知ることのできる最も古い絵図は
間分岐なものとなります
それによるとギョン100坪300坪200坪などと規定の面積通りの屋敷が確かに
多くを占めていました
しかし同じ坪数の屋敷ばかりが空間的にまとまって配置されているわけではなくむしろ
錯綜していると言ったほう良いあり方です
あるいは王府になる一組を取ってみても一箇所に固まっていたわけではなくこれまた
バラバラに散らばっています
なお城廻りの一角は堀内
と呼ばれ他たは区別されていました
ここには師範や一文をはじめとする常総家臣の屋敷が多いのは確かです
しかしその点を除いて城下町全体について言うならば
例えば同心円状に各に応じて屋敷が配置されているといったことは見られないのです

また多くが300坪以上の屋敷であって最下層の家臣を対象にした
200坪や120坪などは少ないということも指摘できます
17世紀末には武家屋敷は1324軒あったとされますが
城下でのや敷地が保証されたのは主として中堅層以上だったようです
多数を占める仮想の家臣団については一貫して支柱かあるいは上下近郊の農産部に借家
することが想定されていたことになります
このように藩主を頂点と数ヒエラルヒーがストレートに
空間秩序に反映されているわけではありませんでした
しかも三角州の中へ進むことを求めながら
下層への屋敷は十分に保障されてはいませんでした
軍事優先で選ばれたゆえの地理的な条件に強く規定されていたわけです
こうしたことに
城下町萩の地域的な特質を生み出すことができると思います

me
ところで慶安月と漢文甲ずと見比べますと武家地の範囲が大幅に増えていることに気が
つきます
しかも巻分甲ずにおいて武家地とされている範囲がほぼ幕末まで入り用地として固定さ
れていくようです
つまり萩城下の武家地は17世紀初めに城下町が建設されて以降計安永ずと
カンボンゲストの間つまり17世紀半ばにもう一度大幅な拡充が行われそれが後の武家
地の原型となっていた
言い換えれば武家地の範囲が確定するのは17世紀半ばになってのことだったといえ
ます
どういった経緯でこの時期拡充が行われたのでしょうか
この問題について次に考察進めたいと思います
常に年1653年正月
火神一人一人について屋敷の所持状況調査が行われました
今住んでいる家式が半から入りをして屋敷なのか誰かから買い取って
回屋敷なのかあるいはもともとは配慮や4基を有していたけれども今では別の屋敷に
住んでいるのかといった区別をして間口と奥行きの件数とともに書き上げさせたのです
ただし調査完了までには時間を要したようでその結果は翌年夏に江戸へ届けられてい
ます
歌詞に全てについて屋敷の所持状況を調べたことになります
そしてそれを見た江戸家老は屋敷を配慮していないもののために
卑弥子肘はらの間10兆20兆も
た方を潰し屋敷割仰せ付けらるよりほかこれなしとの意見を口にもと
に贈っています
卑弥子肘はらとは川内のそれぞれ
西と東の一角を言いますが確かに慶安絵図ではこの一帯に畑やたが多く見られました
屋敷調査を通して所持しない火神が多くある実態が浮き彫りと谷ためにこの地区にあっ

10丁ないし二十町分のタートを潰してや敷地を新しく造成する必要があるというの
です
そうしてあなたに武家地が造成され家臣にや敷地と配分されることになります
これらの土地については命令きよね1658年に検知が実施され28チューブヨガ
所屋敷道成溝形ぽされることになりました
屋敷をはじめ付属する道路へ溝多分とみなされたのです
300坪を基準に考えれば300軒ほどに相当する地面が体に創始された計算になり
ます
これらも年後が免除される拝領地に超えられることになりました
その結果を表現するのが寛文年間寝ずに他ならないわけです
慶安月と比較すると青峰の日や小屋
中央部のへ向かいさらに当方の日晴れにかけ
畑や田であったところにたくさんの屋敷が確かに造成されております
このように
17世紀半ばに実施された屋敷改を契機にして大幅な造成が行われたことが分かります
それにしてもなぜそれがこの時期だったのでしょうか
実はそのことには口に見つけのライアンが関わっていたようです
二点述べましたが慶安4年にまだ8年だった新藩主が就任しております
その身半周を支援するためかと思われますが
幕府から国目付が派遣されることになりました
慶安4年1651年12月
常に年1653年3月城3年6月とこの期間集中して立て続けにサンドラ違反し
それぞれ半年間ほど滞在しています
滞在中は領内を巡検したり等地の様子を詳しく調べたりしています
この国目付派遣をきっかけに実施されたことに
城下町の整備があったのです
慶安四年の最初の派遣について幕府からの正式な通知があったのは9月のことでした
ところがすでに7月の段階で過労の間で相談されていたのは堀内の屋敷周りの道が悪く
上司が通行するに際して見苦しっすそこで整備させる必要がある
あるいは武家屋敷の周辺のか決めや壁紙苦しくないようを止めさせておこうといった
ことでした
こうした整備はその後も続き
例えば街鈴木にてこれなき子や
つまり街並みから外れて建てられた建物の撤去を命じられています
あるいは大手門前に至っては見苦し聞こえがおり端まで迫っていてそこに様々なものが
居住し商売などしているこれでは上司が通行する際の女
触れになると言って撤去させてもいいます
国光けら違反を契機にそうしたミグル式景観を整備し
城下町にふさわしい美観を演出しようとしているのです
さらにそうした景観整備と並行して
家老たちは次のことも検討していました
挑めの派遣が決まった貞観年
1652年暮れその応接をめぐって
国本の家老主が江戸家老に差し出した書状の中に次のくだりがあります
引用した箇所を音読してみます
御家来駐在はぎのことか版は逼迫し国ゆえ
別状な稼ぎもありならず3月お便り
面々知行あるいはゴリさんりの地下機材ぐお引越し申すと愛聞こえ走路
力ゆえご城下人少に手帳人以下も痛み
萩野見かけ衰微仕り候
第一大目付集ござい國中自然火事だとこれある時も
ばかりで早漏苔にも店のほか少人数にても伸びリアしくいかが存生理想ロ
意味を簡単に取りますと家臣たちの萩居住のことについて
河畔のものは経済的に困窮しておりほかに稼ぎの手でもないために水や巻を手に入れ
やすい自分の知行地やゴリさん人ほど離れたのー駿府に引っ越して暮らしているらしい
そのためご城下の人が少なくなり
ために超人たちも儲けにならないので萩野見かけも衰微てしまっている
何より国目付の滞在中もし家事などがあっても火消しに出動できる家臣たちが少人数に
なってしまい問題である
およそこういった趣旨の経営を述べたものです
さらに引用しませんでしたが2カ所ではこの状態が続けば1年のうちには犯人いる火神
は残り少なくなってしまう
かといって罪業居住を禁止しては
心情が破滅する者も出るであろうと言っています
この時期経済的な理由から脛を離れ
知行地や近くの農村部に居住しようとする火神が多くいたらしいのです
景観整備を図ろうにもそもそも家臣たちが農村部に居住していて萩庭留守宅が多いと
いうのでは確かに埒があきません
この問題についてはその後も書状がやりとりされたようですが最終的な判断が良く常に

1653年9月9に雌怪我はぎを離れるのと入れ替わりで江戸から次のように通知され
ています
治療音読します
一つ
御家来中近年種の菱の実罪業仕り
ただ今は大半田舎に相撲際萩野もの残り少ないにてその上時にお池子様もかけ
年麺やしき周りも嵐方々然るべからずにつき
癸巳の年より羊の年まで
3年の間に萩分かりずべしの通り
oc 出され早漏こと
つけたり
80石持ちより良いかなものは罪業仕り
買って相成る4歳之れ有らば組頭聞き届け
郎じゅうえもーし理の上しゅっぱぎ刺し許されべしっぱなこと
意味を簡単にとっておきます
家臣たちが近年こっそりと罪業し今では大半が農村部に住んでいるある様であるために
萩に居住する者が少しになって民事の子様担う人でに不足するし
屋敷の主屏も荒れてしまっているようでけしからんことである
そこで今年から向こう3年の間に農村部を離れ
萩に居住するようにとの仰せである
ただし稚魚80黒如何なものは罪業居住の方が都合が良いという事情があるのならば
汲出の了解をとったうえで過労に申請した場合は萩への居住を免除しそのままノー総務
に暮らしてもよいものとする
このように述べてやはり浄化に集めようとしています
ただし80黒以下は例外とされるわけですから
主として中堅層以上を対象にしていたことになります
こうして常に年1653年の屋敷改に始まる屋敷近く中とは中堅層に萩への居住を矯正
した政策と並行して進められたものだったことがわかります
国目付来阪をきっかけに家臣たちの在豪住宅を制限して萩への居住を促進させようとし

当然そうしようとすれば受け皿としてハゲに新たに武家地が必要となるためにこの時期
武家地の拡充が図られたものと理解できるでしょう
火神の在豪住宅の規制と屋敷ある球を経た上での萩野武家地拡充とは連動しあう政策
だったと見なせます
こういった経緯を通して少なくとも
中ケースを以上においてようやく屋敷が保証されるようになったわけです

me
しかしながら次の問題が新たに持ち上がりますそれは火神の側に萩に居住することに
抵抗があったということです
実はその後も萩に居住するように促す法令は繰り返されており
火神の方がなかなか萩 s もうとはしなかったようなのです
例えば延宝8年1680年には新屋敷を拝領しながら規定の年数居住せずその土地を
コーチとして百姓に貸し出し
垣根や壁の取り繕いもしないものがあると述べさらに家が建っていない新屋敷は必ず
不振
あせよと命じています
ここで新屋敷というのが女王の屋敷改を通して新たに造成された
や敷地のことでしょう
土地だけ配慮しながら角を立てず
アクチになっている場所が目立っていたようです
同様にてんな2年1682年にもい子守これなき屋敷
つまり火神が幻獣していないな敷地のことが取り上げられやはり新屋敷で家屋がない
ものあるいは版やだけしか経っていないものは版が取り上げることが検討されています

先に紹介しました寛文年間の城下町へ図を見ても新たに造成されて敷地の中に火神名の
記載のない10人不在のところが確かに目立っています
また火神が罪業に居住することへの規制も出されます
例えば漢文9年1669年には
知行二百石いかに許可する旨の振れが出されました
すでにみましたように常に園1653年9月の罪業禁止令は不足で貼っ出国以下につい
ては免除し
際号への居住を容認していたわけですがそれが200石の階層まで拡大されたわけで
規制は緩和されたことになります
こういったことを見てみれば女王の屋敷からた目以降のソチで中堅層の多くにはや敷地
が与えられたはずなのにそれでも萩には居住しようとしない火神が多くいたことが
わかります
萩に屋敷がないから農村部に居住していたのではなく家臣の皮が剥げに住みたがらない
つまり罪業に居住することをこそを望んでいたわけです
火神がそうしこうしたのは直接には経済的な理由によるものだったと考えられます
そしてその要因は版が自身で作り出したものなのでした
すなわち萩藩は財政難を乗り切るため
正保4年11647年から
知行地の2割を過信から取り上げておりその後十数年間続いています
藩財政悪化のあおりを食って火神の家計が逼迫を極めていました
事業地が2割減って収入はそれだけ減少しても不審約
あるいは番役は同じように勤務をしなければならないのですから
負担が重くのしかかります
ちなみにそのことは17世紀末に版が実施した
火神の家計のシミュレーションにも明白です
そこでは多くの家臣が年間収入の倍近い借金を抱えていることが想定されていたのでし

そうして困窮した家臣たちは萩での消費生活を嫌って
罪業での生活を望んでいたわけです
また桜組の歌詞について言えば
国本での義務
白番以下の番役のうち城下町を離れて
財宝に住んでいてもちろ番を務める必要はありました
しかし比恵司役などは罪業していれば免除されました
もちろん番役にはとも周りを引き連れて努めなければなりませんでした
そうして罪業に居住して火消し役を免れることが出来れば白板金もの順番が回ってきた
時だけ萩に出向いて
奉公人を一時的に雇用すれば良かったはずでそれ以外に普段から宝庫人を抱えておく
必要がなかったのだと思われます
都市での生活を離れて生活費を席巻できることに加えて番役負担の一部免除もあって
経済的に困窮した家臣たちは在豪住宅をの分だのでしょう
ちなみにそうして家臣たちがはぎを離れ際号居住できていた前提には多くが中央値を
基盤にしていたことを上げることができます
火神には知行を与えられたものと桐舞縁給付の2通りがあることを述べましたが
前者の知行とにはさらに2つに区分されており実際に領地としての知行地を有する者と
知行地を有さずそれに相当する年貢を
半から給付される場合とがありました
後者のような家臣を浮き前撮りと呼んでいます
例えば延宝年間の分限帳を見ると桜組所属の675名のうち事業地を処理するものは百
谷未満では24%でしかありませんが百谷台では54%にアっぽく代になると76%
300石台だと85%と中堅層では断然多くを占めていました
しかもほとんどが知行をまるまる知行地として与えられていたのでした
また少し時期が降りますが放映6年11709年に桜組での
ば違約金も状況を報告者資料が残されています
そこでは梅雨願い述べています
桜組が一組平均110名からなっている
その浮き描写8章及び役方勤務を除くと白盤を担当できるのは70名である
さらにそのうち30名は在豪住宅中でありその他20名は
際合意球を奪っているもので結局機器試薬に従事できるのは20名を着るのが実情で
ある
ぽの回答です
このうち際合意トマトはシルヴァンヤ火消し役が当たっていない期間に数ヶ月単位で
罪業居住を許可されることを言いますスイマーバ短期の在豪住宅制度でした
とすれば在豪住宅と際合意魂の両者を合わせると組員の半分近くが
罪業にいたことになります
二見に萩藩の村落ではくらい別と旧知とは明確に区別されていても利益にも別に置かれ
年貢聴衆も窮地は独自に行われています
火神が基盤にできるだけの実態が事業地には確かにありました
ところが版はそうして知行地での再生産を望む家臣たちを無理矢理に浄化に集中さ
せようとしました
その直接のきっかけは国目付来阪に伴う
上下整備に必要からではありました
しかしその後17世紀後半を通して繰り返し浄化に済むよう促している事実からは単に
幕府への対応というにとどまらず
版の側からする同期およびとるべきでしょうつまりそれを通して
番役に従事させることが家臣団統制の期間を成していたという事情です
おおおおおおおおおおおおおおおおお
逼迫をきっかけに知行人引っ込むろうとする火神と統制を目指して浄化に成就させよう
とする版この2つのせめぎ合いの場として城下町はあったことになります
その後犯罪性の95を一層進展しそれを転嫁された家臣団の逼迫もいや増しに進んで
いきます
そうした中知行地を返納し授業分の年貢を
半から給付される家臣が増加していきます
中堅層の多くは基板とすべき領地としての知行地を創出していくのです
さらには杓議員返済を半に肩代わりしてもらうため
稚魚をそのものを返上して食い扶持だけを受け取るものさえ増加します
18世紀半ばですと桜組のうち
中堅層でおよそ3分の1がそうした状態に陥っていました
あるいは知行地ではなく萩に近いところに借家をするという形の在豪住宅も多く見
られるようになります
これらの場合は番役の勤めが免除されていたため
半から給付を受けるだけの存在になっていました
ただ半に寄生しているといわれても仕方のない火神が多く生み出されていくのです
やがてそうして窮乏した家臣たちは超人間の尺便を通して屋敷の書事件も事実上は失っ
ていうことになります
18世紀に入ってからの武家地への規制を見ると売買が繰り返される中で屋敷の面積と
所持するものとの対応関係に齟齬が生じたいるということを問題にしたり
あるいは当初は禁じていた持ち主が実際には進んでいない
つまり第三者だけが居住している屋敷の存在を容認するようにもなっています
そうした武器屋敷が物件として取引されるようになると本来の持ち主だった火神はただ
名義上のものでしかなと変わってその屋敷には奉公人クラスのものや町人などが事実上
の所有者として居住するようになります
隠して屋敷の名義は転売を繰り返され
彬彬と肯定することになりました
9期以降になると物件かを伴う
武家地の流動化空洞化という事態が新たに進展していくのでした
もともと家臣団を収容するためにこそ作られた城下町において町人社会の成熟が武家地
を凌駕し
飲み込んでいったことになります
リョウク支配の拠点であるはずの城下町萩において進展していたのはこのような事態な
のでした