健康

日本人の死因第2位 心疾患 その兆候と予防法は?

スポンサーリンク


日本人の死亡原因の第1位は皆さんご存知のがんです
それでは第2位は何でしょう?
答えは心疾患
心臓の病気です
その中でも心不全で亡くなる方が多いそうなんですよね

心臓の役割を知っていますか?改めて心臓の役割と心疾患について説明

人間が生きていくためには身体の各部分に十分な量の酸素と栄養が行き渡らなければ
なりません
この酸素と栄養を運ぶ役割を担っているのが血液で
血液を循環させるポンプの働きをしているのが心臓です
心筋梗塞症や心筋症 心弁膜症 高血圧などの病気が原因となり
このポンプの働きが弱くなると全身の細胞の酸素や栄養が不足して
さまざまな症状が出てきます
この心臓の働きが不十分な結果からおきた、からだの状態のことを心不全と言います
心臓のポンプの働きは大きく分けて血液を送り出す働きと、血液を受け取る働きの二つがあります
血液を送り出す能力が低下すると送り出す血液の量が減少して疲れやすい、
だるいい、動悸がするなどの症状が出てきます
また心臓から前方に送り出す血液が進みにくくなるため
心臓の後方に帰ってくる血液が溜まってしまい
それが肺や肝臓 体の各部に起きることで息苦しさ
食後にお腹が張るむくみなどの症状が出てきます
疲れやすい、だるい、動悸がする、そして息苦し
それから食後のお腹が張る、むくみがあるという方 心臓要注意ですね
 

スポンサーリンク

心不全はどのような人にリスクがあるのでしょうか?若者や子どもでもリスクがあるの?

心不全のリスクについて考えるとき心不全の原因は何かということを考える必要があり
ます
心不全の原因となる病気
または問題には心筋梗塞症などの
動脈硬化性心臓病
ウイルスや細菌による感染症が引き金になることが多い
心筋症や心弁膜症
遺伝性、先天性心臓病
さらには高血圧症
肥満
アルコール
ストレス
疲労などがあります
動脈硬化性心臓病につながる
糖尿病
慢性腎臓病などの病気
喫煙習慣
運動不足なども真剣に考えるべき問題です
従って先天性の問題を持って生まれてきた人はもちろんのこと
若い人や子供でも一応に感染症のリスクはあると言えますし、特に中高年高齢者の中では今あげました生活習慣病が原因となる生活習慣に関連したリスクを持っている人、やそれらの病気をすでに持っている人なのでは、心不全のリスクが高いということが入ります
感染症、遺伝子そして生活習慣に関連したものなどいろいろリスクがあるんですね

心不全になる前にわかるサインや兆候などはあるのですか?

心不全の初期には坂道や階段を上ったり重いものを持ったりすると息切れが激しくなり
ます
できればこの時点で一度医師に相談してみてください
心不全が進むにつれて仰向けに寝ると
咳が出てきて体を起こすと楽になる
夜中に突然息が苦しくなって、目が覚め起き上がって息をするなどの症状が出てきます
足のむくみ体重が増すなどの変化は慢性心不全の悪化を示唆する症状です
 
まずは階段や坂道で息切れが激しくなったら要注意ということでした

心不全の治療方法や予防法について

一般に急性心不全の時は入院が必要で安静
酸素吸入一時的に心臓の働きを高める薬などが求められます
慢性心不全の場合は薬による治療が主で
体内の余分な水分を取り除く利尿薬
血管拡張薬
ベータ遮断薬などを使います
しかし治療の原則は心不全の元々の原因である
病気の治療にあることは言うまでもなく
心筋梗塞症に対する、肝動脈のバルーン形成術や
心弁膜症に対する人工弁置換術などがその良い例と言えます
心不全の原因となる病気の中ね心筋梗塞症や高血圧 肥満などは
生活習慣の改善によって予防することができます
暴飲暴食を控え、糖分や脂質に富んだ食物や
塩分の多い食事は少なめに
できれば菜食を中心とした食生活が理想的です
アルコールの飲み過ぎは心筋症の原因となることもあり
飲酒は心臓の負担になります
また過労やストレスの多い生活を避け十分な睡眠をとるように心がけてください
タバコは禁物です
心不全やはり心臓に不具合が起こるのは怖いですよね
予防と早い段階での適切な対処を心がけないといけないですね

スポンサーリンク