NEWS

造幣局

スポンサーリンク

スポンサーリンク

造幣局とは

造幣局は、文字通りお金を造ること、もっと正確に言えば貨幣を造るところです。紙幣ではありません。どこにあるのかって考えたことのある人はたくさんいるでしょうか? 学校で習ったかもしれませんね。大阪の北区天満というところにあります。ちなみに、ここは本局でして、さいたまと広島に支局があります。
また、貨幣と言っても、通常の100円玉のような貨幣だけでなく、記念硬貨なども造ったりします。現地には見学できる博物館もあります。工場見学も可能です。
一方で、本来の貨幣を造る局としてだけではなく、もう一つ有名なものがあります。ニュースにもあるのでご存知の人も多いでしょうが、桜です。毎年4月に10日間くらいの日程で、桜の見学をさせてくれます。「通り抜け」って言います。造幣局の片側の入り口から、もう片方の入り口(この場合出口)まで一方通行で歩かせるイベントだからです。無料です。ここでしか堪能できないような桜もあります。無料ですから、人気もすごく、公開期間に1度かあっても2度しかない週末は非常に混みます。平日の夜も混みます。夜桜見物ってやつですね。多くのサラリーマンやOLが仕事の終わったあとに行くんです。
造幣局は川沿いにあるので、その川沿いに縁日もたくさん出ます。また、最寄りの駅の天満橋付近だけでなく、JR京橋や南森町方面などへ人が流れますので、飲食店もすごく混むことになります。

スポンサーリンク