老化と共に忍び寄る白内障。予防と対策とは

スポンサーリンク

 

白内障は目の病気で、80歳を過ぎると多くの人が発症すると聞いたことがあります

年をとると誰でも白内障になる危険があるということなんでしょうか。

 

白内障とは目のどんな病気なのか?

白内障にはいろいろ種類がありますが、一般によく知られている白内障は眼の中の水晶体という、
カメラで言うとレンズの役割をするもののたんぱく質が変化して、白く濁ってしまうことです。

白内障は透き通った凸レンズが濁ってしまうとイメージしてもらうといいと思います。

そのためにメガネやコンタクトを変えても、ものが見えづらくなります。

 

白内障。目のレンズが曇ってしまうんですねー

いくら目をこすっても、何かを通して見ているようなはっきりしない見え方をしていたら
なんだかストレスにもなりそうです。

ではどのような人にリスクがあるのでしょうか

 

白内障を発症するリスクの高い人は? 心あたりがないかチェックしよう

たくさん日光を、目に浴びた人。特に紫外線を浴びた人は、リスクが高いと言われています

そして糖尿病がある人、またステロイドなどの薬を使用している人にもリスクが高いことがわかっています

 

紫外線をたくさん浴びたひと、糖尿病がある人
ステロイドなどの薬を使用していると白内障になる危険があげようですね
心当たりのある方は、要注意です。

さてこの白内障、やっぱり治療は手術しかないんでしょうか

やっぱり治療は手術しかない?白内障の治療法

 

ごく初期の白内障は点眼薬で進行を遅らせることができる場合もありますが、濁った水晶体を元に戻すことはできません。

進行した白内障は濁った水晶体を手術で取り除き、眼内レンズを挿入する方法が一般的に
行われます

スポンサーリンク

さすがに濁ってしまったレンズを元通りにするのは難しいんですね
直そうと思ったらやっぱり手術でレンズの交換なんですね
それではレンズ交換にならない、あるいはその時期をできるだけ遅くするために予防法
などはあるのでしょうか

白内障の予防法はある? 食事による予防策も

白内障の最大の原因は加齢ですが、発症する年齢は人によってかなり違います

その理由には遺伝的な要因も一部にありますが、それよりも様々な生活習慣との関連が
最近の研究から指摘されるようになっています。

水晶体が濁るのは、そこに含まれているタンパク質、クリスタンが酸化して性質が変化するためです。

酸化の要因としてまず挙げられるのが光り。

主に紫外線です。

水晶体は光を大量に通すため、どうしても紫外線によって活性酸素が発生し酸化障害を受けやすいのです。

水晶体の酸化を防ぐには目から入る紫外線の量をできるだけ減らしてやる必要があります。

特に春先から初夏にかけては紫外線の量が増えるので
つばのある帽子をかぶる、日傘をさす、uvカットのサングラスをする
といった自衛策で白内障の予防をしましょう

ただし普通のサングラスは上や横から紫外線が入りやすいのが弱点です

またサングラスの色が濃いと瞳孔が開き、かえって紫外線の影響を受けてしまうことがあるので
色の薄いレンズを選びましょう。

紫外線の影響を防ぐには顔にぴったり合ったものや、横まで覆われたタイプのものを
選ぶと良いでしょう

また水晶体の酸化によるに
濁りを防ぐには食生活にも注意する必要があります

特にビタミン c は水晶体の酸化を防いでくれています

またアントシアニンという色素も目の抗酸化作用には効果があることが知られています

アントシアニンはブルーベリーに多く含まれていて、目に良い食べ物としてテレビなどで話題となりましたが、眼精疲労を防ぐだけでなく
抗酸化作用を持っています

 白内障の予防紫外線を避けてビタミン c をしっかり取ることがいいんですね
それにブルーベリーが目に良いとよく聞きますけれども
ブルーベリーに含まれるアントシアニンが良い効果をもたらすということでした

スポンサーリンク