健康

転倒を予防して、怪我や致死のリスクを軽減するためにするべき事

スポンサーリンク

 

今日10月10日は何の日かご存知ですか
10。英語ではテン そして10
今度は日本語でトウ ということで、転倒
転倒予防の日なんだそうです
2004年に転倒予防医学研究会というところが高齢者保護のため
人が転ぶあらゆる要素を減らしていくことを目的に制定したそうです。

 

転倒予防について考える

日本ではここ20年くらいで転倒に注目するようになったようです
特に高齢者の転倒が多くなってきたことが研究でわかっています。
厚生労働省によると、2006年65歳以上の高齢者の突然死の原因のうち
20%は転倒によるものだったと報告されています。
突然死に至らなくても、転倒によって頭部のけが、骨折、特に大腿部の骨折が高齢者に多くみられます。
そして大きな怪我がなくても、また転んだらどうしようという恐怖心から
運動を躊躇するようになり活動しなくなってしまいます。
さて転倒は、高齢者にだけでなく誰にでもリスクはあります。
ただ若い人は転んでも怪我をしないで済んでしまうことも多いですが
高齢者はけがにつながります。
65歳以上になると転倒が深刻な問題を引き起こし、
特に女性は男性より転倒する確率が多いことも分かっています。
 
[voice icon=”http://radioprima.net/wp-content/uploads/2018/09/icon_medical_woman04-e1538207553550.png ” type=”l”]
誰でも転倒のリスクはあるということでしたがやはり65歳以上の方
そして男性よりも女性の方が転倒しやすいんですね
では転倒、何が原因で起こるのでしょうか
[/voice]
 

転倒の主な原因。意外な原因。 転倒の起こる理由は?
沢山の原因があります

高齢者は視力が悪くなるので、まずつまずきやすくなります
お薬を飲んでいる場合、その副作用でめまいがあったり、血圧の薬で血圧が下がりすぎたりなども転倒の危険があります。
また脱水なども挙げられます
そして長い間、同じ家に住んでいると、若い頃は大丈夫だったので、家の中を転びにくいように改装したりという発想が出てきません
そして高齢者は活動量が減少してしまうため徐々に筋肉が衰え
バランス感覚も衰えて気付いた時には、転倒しやすい状態になっているということも挙げられます。
 
[voice icon=”http://radioprima.net/wp-content/uploads/2018/09/icon_medical_woman04-e1538207553550.png ” type=”l”]
いろいろ原因があるようですが、昔から住み慣れた家に住んでいると、確かにそこを
わざわざ改装して段差をなくしたりとか、手すりをつけようという発想は出てこないかもしれないですね
 
[/voice]

スポンサーリンク

転倒のリスクに対して、適切な予防策を!

予防策をいくつかご紹介しましょう
まず目の検査をして、眼鏡を調節するなど、しっかり見えているようにしてください。
1年に1度は検査をしましょう
また今飲んでいる薬の中で、めまいや脱水を起こす副作用があるものはないか医師に確認しましょう。
次に自分の家の中で転倒のリスクになりそうなところを改善する必要があります。
トイレ、お風呂、階段に手すりを付けたり
カーペットなど滑りやすいものを置かない方が良いでしょう
また転倒予防のために、バランスを鍛える簡単な運動があります
まず部屋の隅に立ち、両手をそれぞれの壁に添えて両足をそろえて立ってください。
そして両手を離します
もし30秒以上バランスよく立っていられれば、あなたのバランスは大丈夫です。
もし30秒まっすぐ立っていられない場合は、なるべく長くできるように毎日練習しましょう
もし誰かが一緒にいる場合、30秒間、目を閉じてやってみるのも良いでしょう。
ただし誰かがそばにいることが前提です
この運動で転倒してしまっては、元も子もありません。
バランスは悪い場合は30秒間まっすぐ立っていられるように練習してください。
もしあなたが、高齢でバランスに問題がある、
または、以前転倒の経験がある場合は、医師や理学療法士などの専門家に診てもらいましょう。
あなたに合った運動や、治療法を提供してもらえると思います。
もし自分の家族に椅子から立ち上がるのが難しいとか、
バランスに問題があるなど、転倒のリスクの兆候がみられる人がいたら、
早めに対処するようにしてくださいね
今日は、転倒予防の日でした
 
[voice icon=”http://radioprima.net/wp-content/uploads/2018/09/icon_medical_woman04-e1538207553550.png ” type=”l”]
まずは転倒のリスクになる事を、一つでも改善されることをおすすめします
目の検査やお薬の副作用のチェック
そしてよくお水も飲んでおくことも言われていましたね
脱水も転倒の原因になるということでした
また家の中の改善は、住んでるご本人は当たり前と感じていて、気づかないこともありそうですので、
どなたかと実際の動作をしながら見直してみるのもいいかもしれませんね
私もまずはバランスを鍛える運動でチェックしてみようかなと思いました。
ちょっとね、目を閉じたら危ないかなと思ったんですけど、どうでしょうか
30秒を持つといいなぁと思っています。
あなたもいかがでしょうか
[/voice]
 

スポンサーリンク