健康

脳血管疾患 脳卒中になった場合、どうすれば?サインについて

スポンサーリンク


厚生労働省の統計では日本人の死因の第3位に挙げられているのが脳血管疾患
代表的なのは脳卒中ですみなさんの身近な形で脳卒中になったという方はおられる
でしょうか
もし身近な人が脳卒中になった場合そのサインや見分け方をご存知でしょうか

脳卒中のサインについて

脳卒中にはいくつかの種類がありますが大きくは脳の血管が
詰まる脳梗塞と脳の血管が破れて集結する脳出血やくもまっか出血に分けられます脳
梗塞は血栓や脂肪血管の狭窄など脳の血管が何らかの原因で詰まってしまうことで脳の細胞に酸素を運ぶ血液が届かなくなり脳の細胞が死んでしまう病気です
また一時的に脳の血管が詰まってしまって脳梗塞と同様な症状が一時的に出現すること
を一過性脳虚血発作と言いますこれは脳卒中の中でも最も患者数が多い病気で一時的ではありますが意識が遠くなったり
片側または両側の手足が動かなくなったり言葉をしゃべることができなくなることも
あります
脳出血は逆に脳内の血圧が高い場合に弱い血管に負担がかかり
破れてしまう場合です
脳卒中には血管が詰まってしまう脳梗塞と血管が破れてしまう脳出血があるんですね
私も知り合いで脳卒中で入院された方いましたけれどもそのあとは半身が麻痺して
しまい歩くのも喋るのも苦労されていました

脳の病気。どのような人にリスク があるのでしょうか

心臓に病気がある人
高血圧の人糖尿病の人以前一過性の脳虚血発作や脳そう中になったことのある人の
リスクは高いことがわかっています
もし心臓の血管がコレステロールがたまり
狭くなっていたり床血管が硬くなる
いわゆる動脈硬化が進んでいる場合は脳の血管も同じようなことが起こっていると考え
られます
家族で脳梗塞の病歴がある場合そしてストレスの高い環境にいると脳卒中になるリスク
が高いようです
高血圧や心臓に病気がある人
糖尿病の人また脳卒中の企業歴がある人やストレスの高い環境にいる人は脳卒中になる
リスクが高いそうです

スポンサーリンク

脳卒中を起こしている場合の兆候やサイン

脳卒中のサインの見分け方は4つあります英語では
これを
fast ファスト、早くという英語の頭文字にあてはめて覚えてもらっていますよ
まず最初の f ですこれはフェイスの f で顔を意味します
脳卒中を起こしている人の顔は片側が動かないので笑ってもらうと顔の片側
の表情が変わりません
得に片側の唇の脇の部分が下がっているので顔の表情でわかります
二つ目の a は arm 腕です
両手を伸ばして左右とも前方にあげてもらいます
その時片方が上がらなかったり明らかに弱っている場合は脳卒中の可能性があります
3つ目の s はスピーチ 話すです
今日は何曜日か
何月何日かなどの質問に答えられるかどうか確認してみてください
ろれつがはっきりと回っているか
またこちらの質問する言葉が理解できているかどうかを見てください
簡単な文章を繰り返してもらうようにしてその時
文章を正しく繰り返せているか確認しましょう
最後の4つ目は t タイム
時間です今まで挙げた3つの症状がどれか一つでもあればあとは時間が勝負です
119番に電話するか一刻も早く病院に行ってください
脳卒中は1分1秒でも早く治療を開始することが大切
です脳卒中を起こしたら動かしてはいけないというのは大きな間違いです
いっこくも早く専門病院での治療が必要です
できる限り早く正確な診断をして治療を開始するほど良い治療結果が期待できます
特に脳卒中の場合には
発症してから3時間以内に治療を開始すれば症状を早期に回復させ
後遺症最小限に食い止められる可能性があります
もちろん脳卒中はいろいろな種類があり脳の場所によって症状が違う場合があります
今挙げた症状以外にも頭痛がしたり
歩くバランスを失ったり
物忘れがひどくなったり
混乱したり体の一部分が弱くなったり
食べ物を飲み込みにくくなったり目がかすんだりと脳卒中の兆候は様々ですが共通し
て言えるのは
これらが突然起こるということです
ファストぜひ覚えてください
脳卒中を疑ったらこの4つのポイントを押さえるということです
顔の表情ですねそれから腕の上げることそれから話し方
そして時間早くっていうことですねこれなら覚えられそうです
脳卒中のリスクの高い方が近くにいる場合もしかしたら今日学んだこの
ファストを使う場合があるかもしれませんちゃんと覚えておこうと思いました
そして疑いがある場合は一刻も早く受診しましょう

スポンサーリンク