健康

詳しく知ろう、善玉悪玉コレステロールについて

スポンサーリンク


コレステロールという言葉耳にされると思います
コレステロール体に悪いっていうイメージがありますが
善玉コレステロールという言葉も聞きます
実際にコレステロールが健康にどんな影響を及ぼしているのか正確に知っている方は
意外と少ないかもしれません

善玉悪玉コレステロールって何だろう

よく体に良くない成分で悪者として言われることが多いですが
コレステロールは体に必要な成分です
コレステロールは脂質の仲間で身体の中では主に細胞膜を構成しています
他には体の機能調整を行うホルモン
消化を促進する胆汁酸
皮膚に存在するビタミン d 前駆体の材料にもなります
体内でも合成されますが食品からも取り入れています
コレステロールがなくなると体のバランスは崩れてしまいます

コレステロールは体に必要な資質 でも悪者と言われてしまうのは?

体に悪いと言われているのはなぜなんでしょうか
コレステロールは善玉コレステロールと悪玉コレステロールに分けられます
善玉コレステロールは hdl コレステロールと呼ばれており
肝臓や小腸の粘膜の細胞で作られて末梢組織で余分となったコレステロールを回収し
肝臓へ運ぶ働きを持っています
悪玉コレステロールは ldlコレステロールと呼ばれており
末梢組織にコレステロールを運びます
しかし ldlコレステロールが多くなりすぎると動脈硬化につながりやすくなります
なるほど悪玉というね悪っていう悪いイメージがつくようなコレステロールな名前ですけれども
運び役としては必要なわけですね
そして善玉は余分なコレステロールを末梢組織から運び出してくれるということでした

スポンサーリンク

悪玉コレステロールを増やす要因は?どんなことが挙げられるのでしょうか

肥満コレステロールの摂り過ぎ飽和脂肪酸の摂り過ぎ
食物繊維不足などの要因が挙げられます
コレステロールはイカ うなぎ 魚卵
レバーなどに多く含まれています
これらをとりすぎると悪玉コレステロールを増やす要因となります
次に脂肪酸は欧亜脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます
飽和脂肪酸は中性脂肪やコレステロールの材料となり
コレステロールの増加につながります
食品では肉の脂身
バター、生クリーム、チョコレート、ケーキ
スナック菓子などに多く含まれています
これらの食品は食べる量や回数を控える必要があります
不飽和脂肪酸は ldl コレステロールを減らす働きがあります
オリーブ油や紅花、油亜麻仁油、えごま油
青魚、大豆製品などに多く含まれています
食物繊維は野菜や海藻きのこ
こんにゃく果物などに多く含まれています
これらにはコレステロールを排泄し吸収を妨げる作用があります
いやー脂身バターケーキ スナック菓子を控える必要がある
改めて聴きたくなかったですね
食物繊維がコレステロールを排泄してくれますから
日頃から海藻キノコこんにゃく果物を食べる習慣付けておく必要がありそうです

善玉コレステロールを増やすにはどうしたらいいのでしょうか

hdl コレステロールのみを増やす食事療法は今のところ見つかっていません
ldl コレステロールを減らすことで比率として
hdl コレステロールを増やすことが可能です
食習慣の見直しと運動が効果的だと言われています
食事のポイントは以下の4点です
1 エネルギーの取りすぎを控えて肥満にならないようにする
肥満があると脂質代謝に影響が出てコレステロールが高くなりやすいためエネルギーの
取りすぎを控えて肥満にならないようにすることが大切になります
2 コレステロールや飽和脂肪酸の多い食品を摂る量を減らす
イカや魚卵レバーなどコレステロールの多い食品や肉の脂身
バター スナック菓子など桜愛脂肪酸の多い食品を食べる量や回数を減らし
摂り過ぎないようにすることが必要です
3 不飽和脂肪酸を摂る
大豆製品や青魚オリーブ油あまにゅなど良い油を摂るように心がけましょう
4 食物繊維をしっかりとる
野菜海藻きのここんにゃく
果物など食物繊維を多く含むものを摂りましょう
毎食100g 以上の摂取が推奨されています
生野菜等と両手いっぱい加熱野菜だと片手一杯分が目安量です
善玉コレステロールを増やす食事療法は見つかっていないということでしたが
悪玉コレステロールを減らして比率的に善玉のコレステロールを多くすることができる
ようですね
食事の4つのポイントを覚えておきたいと思います

スポンサーリンク