NEWS

肝硬変

スポンサーリンク

スポンサーリンク

肝硬変

肝硬変(かんこうへん、英:Liver cirrhosis)は、肝臓病の一つである。慢性の肝障害の進行によって、肝細胞が死滅・減少し腺維組織によって置換された結果、肝臓が硬く変化し、肝機能が著しく減衰した状態を指し、肝臓がんを発症しやすい状態となる。
肝炎は可逆的であるが、肝硬変は不可逆的である。
ウイルス性肝炎(B型肝炎、C型肝炎など)、アルコール性肝疾患、原発性胆汁性胆管炎、原発性硬化性胆管炎、ヘモクロマトーシス、自己免疫性肝炎、肝レンズ核変性症(Wilson病)などの慢性肝疾患が原因となり、あるいはこれらの疾患が進行した終末像である。日本には40万人の肝硬変患者がおり、60%がC型肝硬変、15%がB型肝硬変、12%がアルコール性肝硬変である(新臨床内科学 第8版)。かつては日本でも日本住血吸虫の有病地において、虫卵と栄養不良を原因とする肝硬変もみられた。最近ではメタボリックシンドロームに関連した非アルコール性脂肪性肝炎 (NASH) が原因として注目されている。
軽症では 食欲不振、易疲労感(疲れやすくなる)、体重減少などが見られる。 急性増悪(悪化)の場合、黄疸を伴う。 重症化すると、下肢の浮腫、腹水による腹部の拡張(膨満という)、意識障害(肝性脳症)などが生じる。 重症例では、門脈圧亢進症に伴う食道静脈瘤の破裂による吐血も見られる。 他に、細菌感染を併発しての発熱、凝固因子欠乏による鼻血、歯茎からの出血などが見られる。 しばしば肝細胞癌を合併する。 その過程で下記に示すような特徴的な身体所見があらわれる。 皮膚にはクモ状血管腫(vascular spider:前胸部にできやすい)、手掌紅斑(palmer erythema:手のひらの小指側の丘が紅潮する)を認めることがある。 黄疸の出現にともない眼球結膜は黄染し、進行すれば皮膚も黄褐色からややどす黒い色調を示す。(偽性黄疸との違いは、眼球結膜黄染の有無である) 肝臓左葉は腫大し、硬く、鳩尾(みぞおち)付近に結節性の辺縁を触れることがある。門脈圧亢進に伴い脾臓も腫大する。 門脈圧亢進症に伴い、食道静脈瘤、腹部皮膚の静脈の怒張(「メデューサの頭」, caput Medusae)や痔核を認めることがある。 末期では腹水、胸水、むくみ(浮腫,edema)、下腿の点状出血(紫斑,purpura)を認める。 肝性脳症を合併した場合、特徴的な羽ばたき振戦(flapping tremor)を認め、意識障害や昏睡状態となることもある。
◎飲酒で肝臓の細胞が変化
[どんな病気か]
肝臓にとってアルコールは、処理が義務づけられている薬物の1つです。
このため、アルコールが体内に入ってくると肝臓は、アルコールがゼロになるまで代謝(たいしゃ)し、分解し続けます。
ところで、アルコールを代謝・分解する際には、さまざまな要因が加わって、栄養素を代謝するときとは異なるはたらきや形の変化が、肝臓を構成する細胞(肝細胞(かんさいぼう)、類洞壁細胞(るいどうへきさいぼう))におこります。
この変化は一過性のもので、アルコールがゼロになれば正常な状態にもどるのですが、大量のアルコールを飲むほど、長時間、肝臓の細胞の変化が続くことになります。
毎日、大量のアルコールを飲み続けると、アルコールを分解する酵素(アルコール脱水素酵素(だっすいそこうそ)とミクロソーム酸化酵素の2種類あるうちの後者)のはたらきが活発になり、より多量のアルコールを飲めるようになります。
その結果、肝臓の細胞の変化が恒常的に続くようになり、ついには、肝細胞の変性・壊死(えし)と、細胞間質細胞(さいぼうかんしつさいぼう)の線維化(せんいか)がおこり、肝臓のはたらきが衰えてきます。
これがアルコール性肝障害で、おもにアルコール性脂肪肝(せいしぼうかん)、アルコール性肝線維症(せいかんせんいしょう)、アルコール性肝炎、アルコール性肝硬変(せいかんこうへん)の4つの状態があります。
アセトアルデヒドを処理できない人(アルデヒド脱水素酵素(だっすいそこうそ)2型欠損者(けっそんしゃ))は、お酒を飲めないので、通常、アルコール性肝障害になることはありません。
しかし、なかには、少量であればアルコールを飲める人がいます。これは、アルデヒド脱水素酵素2型の部分的欠損者です。こういう人が常習飲酒者になると、アルデヒド脱水素酵素2型を完全にもつ人よりも、より少ない量で、アルコール性肝障害が発症してきます。
アルコール性脂肪肝(せいしぼうかん)
中性脂肪(トリグリセリド)が、肝細胞内に蓄積した状態です。
●原因
肝臓が、アルコールの処理を優先して脂肪の代謝を後回しにするために、代謝されない脂肪が肝細胞にたまります。
●症状
症状のないことが多く、検査での高脂血症の存在、γ(ガンマ)‐GTPやGOT上昇などで発見されることが多いものです。右上腹部鈍痛、食欲不振や吐(は)き気(け)がみられることもあります。
確定診断は、生検(せいけん)で肝細胞への脂肪の沈着を証明することですが、腹部の超音波検査やCTでも脂肪肝が見つかり、診断できます。
●治療
禁酒を守れば脂肪の代謝が改善され、完治します。

スポンサーリンク