NEWS

楽天銀行

スポンサーリンク

楽天銀行の口座開設のメリット

楽天銀行で口座開設するメリットとしては、口座を開設するにあたっての費用は無料あることや口座維持費もかからないことが挙げられます。
さらには同行間であれば、振込手数料も無料で利用することができるため、日常的に使用する人にとっては嬉しいサービスとなっています。
さらには、近くのコンビニから24時間365日月に5回までであればATM手数料がかかることなく、いつでも引き落としすることができます。
口座開設後は、スマートフォンのアプリを使用して、残高の確認や振込を行うことも可能なので大変便利です。
楽天銀行は店舗を持たないぶん、低コストで運営できる利点から他の銀行に比べて高金利を実現しています。
また、口座を利用するたびに楽天スーパーポイントが貯まっていくので、楽天ブックスや楽天トラベルなど他のサービスのポイントにも利用することができます。
もちろんセキュリティー面も万全で、ワンタイム認証や合言葉認証など、複数のサービスを併合しているので安全安心に利用することができます。

楽天銀行 ログイン時のトラブル

楽天銀行の口座利用、取引、お客様情報の変更をする場合には、ログインが必要となります。
ログイン時のトラブルに多い項目は下記の通りです。
『ログインをしたことがありません』に該当の方は、楽天銀行から郵送したThank Youレターを所持しているか否か、口座開設から1年以内か1年以上かなどで解決対応が変わりますが、楽天銀行WEBサイトでの解決が可能な場合とカスタマーセンターへのお電話にて解決の場合があります。
『ログイン自体ができなくなりました』に該当の方は、原因が下記項目にあてはまるかをご確認頂き、一部を除いて楽天銀行WEBサイトでの解決が可能です。
(楽天銀行カスタマーセンターにお電話が必要な場合が一部ございます。)
・ユーザIDだけわかりません
・パスワードだけわかりません
・ユーザIDもパスワードもわかりません
・合言葉を忘れてしまいました
・ログイン制限が一時解除できなくなりました
・支店・口座番号がわかりません

スポンサーリンク

楽天銀行の手数料一覧

楽天銀行を利用するときのポイントになるのが、どのくらいの手数料が必要になるのかという点です。
ATMで取引を行う回数が多い方にとっては、手数料の問題は大切です。
1回あたり200円であったとしても、10回取引すれば2000円もかかってしまいます。
では楽天銀行の場合には、どのくらいの手数料が必要になるのでしょうか。
楽天銀行の口座からATMで出勤する場合、セブン銀行のATMなら216円必要です。
一方でゆうちょ銀行から出金するなら、270円かかります。
出金では入金する場合、セブン銀行のATMだと3万円未満は216円、3万円以上なら手数料がかかりません。
ゆうちょ銀行の場合、3万円未満なら270円、3万円以上なら無料です。
また楽天銀行の手数料は、ハッピープログラムを利用すると、入金時や出金時に必要な費用を一定回数無料にできます。
月に何度もATMから入出金する可能性がある方は、ハッピープログラムに注目することも大切です。

楽天銀行の振込手数料が安い方法

楽天銀行口座宛の振込については手数料は無料で利用することができます。
他行の口座宛の場合もハッピープログラムという口座を持っているお客様を優遇してくれるプログラムに参加して、給料や年金などの振込先として楽天銀行を指定していると翌日に3回まで振込を無料で利用することができる特典があります。
ハッピープログラムはその他にもATMの手数料が月に7回まで無料になったり楽天スーパーポイントの獲得が通常よりもアップするなどお得な特典が様々あります。
それ以外の他行あての振込の場合は3万円未満なら165円、3万円以上なら258円の手数料が必要になるのでハッピープログラムに参加しておくとお得に楽天銀行を利用することができます。
その他にもインターネットからのかんたん振込から自分の楽天銀行登録済みのメールアドレス宛に送金をすると手数料を無料で利用することも可能です。
楽天銀行口座を持っていると手数料を安く利用することができます。

楽天銀行スーパーローンのメリット

楽天銀行スーパーローンは銀行のカードローンで、低金利に加えて総量規制の対象外のため年収による借り入れ金額の制限がないのが特徴です。
借り入れ返済ともに無料で利用できるATMが非常に多く、楽天銀行の普通口座を持っていなくても申し込みできます。
返済するときに手数料が不要なのは非常にプラスポイントです。
全国にあるコンビニなど近所や勤務先の周辺でATMが近くにあれば、借りたいときに借りて返したいときに返すことができるため利用しやすいのが最大のメリットです。
利用できる時間帯も24時間となっているところが多く、ネット銀行の最大手である楽天銀行ならではのサービスといえます。
希望限度額が300万円以下の方は基本的に収入証明書が不要で、おまとめローンに積極的に取り組んでいます。
返済方式は残高スライドリボルビング方式で約定返済日の15日前の残高によってその月の返済金額が決まるため、毎月の返済金額を抑えることができます。
楽天銀行 公式サイトはこちら

スポンサーリンク