NEWS

セレッソ大阪

スポンサーリンク

セレッソ大阪の日程や結果を検索するなら

セレッソ大阪の日程や結果を検索するなら、セレッソ大坂の公式ホームページがお勧めです。セレッソ大阪の公式ホームページを開くと、上の方にNEWS、MATCHES、TEAMS、CLUB、STADIUMS、SPORTSCLUB、FANSと表記があります。
そこでMATCHESをクリックすると、自動的にトップチーム試合予定の画面に切り替わります。セレッソ大阪の試合日程が、解かりやすく記載されています。そして、結果をクリックすると、上から新しい試合結果が順に並べられており、試合詳細をクリックすると詳細を見ることが出来ます。この画面では、トップチームだけでなく、U-23やアカデミーも閲覧可能です。他にも方法があります。
それは、Jリーグのホームページから検索する方法です。日程・結果から閲覧することが可能です。クラブチームの絞込も出来るため、それなりに便利です。他のチームも同様に調べたいことがある場合にお勧めです。セレッソ大阪とJリーグのホームページで比べると、断然セレッソ大阪のホームページが、解かりやすいです。
Jリーグのホームページは、全チームが対象ですしスクロールではなく節ごとにクリックする必要もあります。

好調!セレッソ大阪直近のスタメン事情

先日スペイン1部の強豪セビージャと親善試合を行ったセレッソ大阪。その際のスタメンが、GKに守護神キム・ジンヒョン、ディフェンスラインは右から松田、ヨニッチ、山下、丸橋、中盤の構成は右に水沼、左に柿谷、中央ダブルボランチに木本と山口が並び、トップ下の位置に山村、前線い杉本となりました。
結果は終始セビージャのペースで進み3?1と完敗。J1首位のチームをもってしても苦しい試合となりました。親善試合を終え再びJリーグの舞台での戦いになるわけですが、セレッソの大黒柱でもあった清武が負傷離脱、さらに長期の離脱とあって復帰が待たれます。今期すでに3度目の離脱とあってなかなか厳しい状態となりました。
ただトップ下の山村は今シーズン3戦連続ゴールを決めるなど調子が良く、サポーターからは代表に推す声も多く聞かれます。またボランチで日本代表の山口蛍もハイパフォーマンスを継続。Jリーグでは首位快走を期待できるのではないでしょうか。ここまで得点数はリーグ2位、失点数は3番目に少なく、攻守にわたってしっかりとバランスが取れていることも証明済み。
さらに本来であればボランチの位置にはリーグトップのタックル数を誇る、ソウザがいます。新指揮官の下で躍動するセレッソ大阪。昇格1年目での悲願達成へ、目が離せません。

スポンサーリンク

セレッソ大阪のメンバーの特徴と魅力について

大阪をホームタウンとするプロサッカークラブのセレッソ大阪ですが、セレッソ大阪には選手を熱烈に応援するセレ女と呼ばれる女性たちが急増していると言えます。セレッソ大阪のホームタウンは大阪市と堺市であり、収容人数約5万人の大阪長居スタジアムと、同約2万人の長居球戯場をホームスタジアムとし、大阪府で活動しています。
若い女性ばかりで、望遠レンズ付きの本格的なカメラを使用したり、目当ての選手に渡すプレゼントを抱えていたりしていると言えます。セレッソ大阪のメンバーには、イケメンの選手が多いというのも理由のひとつです。チームが大阪にあるので、セレッソの選手は生粋の関西人多い事から親しみやすさもメンバーの特徴と言えます。
セレッソ大阪では、実力も合わせてイケメンのメンバーが多いので、観戦してみる事をお勧めします。セレッソ大阪の観戦チケットは、コンビニでも簡単に購入することが出来るので気軽に観戦する事が出来ます。
セレッソ大阪の試合は大きなスタジアムで行っている事から試合の当日でも購入できるのも魅力の一つです。セレッソでも海外で活躍する選手は、年代別の代表や日本代表にも選ばれていて一時期は、日本代表の攻撃陣のほとんどがセレッソ出身者だった時期もあります。

セレッソ大阪の掲示板の特徴と気になるメンバー

大阪のJリーグチームであるセレッソ大阪は、多くの人に人気のあるチームですが、掲示板があり、情報を共有したりチケットを購入したりすることが出来ます。
昨シーズンは昇格プレーオフで敗れて惜しくもJ1昇格を逃したセレッソ大阪ですが、今年こそは、J1昇格を合言葉にJ2を戦うセレッソ大阪を注目したいと言えます。
セレッソ大阪のエースは、柿谷曜一朗で、スイスから帰ってきて、日本代表としてブラジルワールドカップにも出場しましたが、スイスのバーゼルでは残念ながら思うような活躍は残せずでした。彼の才能は誰もが認めるところでセレッソに復帰した今季も第三節のザスパクサツ群馬戦で素晴らしいヒールキックでのゴールを決めるなどの技術は高い選手です。柿谷の最大の特徴は足首の柔らかさを活かしたトラップの正確さで、後方からの浮き球のパスを見事なコントロールで足元におさめる技術は、まるで一つの芸術作品を見るかのようです。
ワールドカップ以降は日本代表から遠ざかっておりますが、代表復帰を期待する声も多く、代表復帰のためにはセレッソをJ1へ導く活躍をすることが必要と言えます。セレッソ大阪には、多くの掲示板があり、情報共有やチケットなども手に入ると言えます。

スポンサーリンク