サイゾー

スポンサーリンク

サイゾーとは?

サイゾーとは、株式会社サイゾーから発行されている、毎月18日発売の月刊誌「月刊サイゾー」ということになります。
現在の編集長は、岩崎貴久で、数えて3代めとなるようです。
基本的には、書店での雑誌の売り上げを軸に、会社を運営しているということになるようです。
また、webでのメディアの展開も積極的に行っており、サイゾーウーマン、メンズサイゾー、日刊サイゾーなどなどが、現在はあるようです。
運営方針としては、編集長を含めて3名の社員が、外部執筆者30名ほどの原稿を確認して、1日10本くらいの記事を更新する形となっているようです。
その30名ほどのライター陣は、記事の執筆や取材が未経験であったとしても、担当になれるようで、編集部側では記事が本当かどうかの裏を取る作業は行っておらず、信憑性については読者の判断にゆだねられるということになるようです。

サイゾーウーマンについて

サイゾーウーマンとは、2008年9月にオープンした、サイゾー初の女性向けのメディアということになります。
コンセプトとしては、「女の好奇心を刺激するニュースブログ」ということになっており、美容・健康の裏情報であったり、ジャニーズや海外セレブのゴシップ記事など、女性なら皆さんが興味を持ってしまうような、少々刺激的な情報が掲載されているということになるようです。
現在は、ヤフーやSNSをはじめとして、大手のポータルサイトに多数の記事を配信しており、月間アクセス数は2700万ページビューを突破しているとのことです。
今後も、唯一無二の女性向けのニュースブログを目標として、世の女性たちに刺激的な情報を与え続けるようにしていくというのがスローガンとなっているようです。

スポンサーリンク

サイゾーウーマンの芸能記事について

サイゾーウーマンにおいては、一番の人気コンテンツがジャニーズをはじめとした芸能記事となっているようで、サイトのトップも芸能記事が掲載されておりますし、またサイトトップからのリンクにおいても、芸能関係だけでも、「芸能」「ジャニーズ」「海外ゴシップ」と、3つのリンクが現在は貼られているんですね。
芸能記事のページの構成としては、画面の上部にその日の人気記事の一覧がタイトルとともに紹介されていて、さらにサイゾー編集部おすすめの記事という欄もその横に設置されています。
また、その下の欄にも、新着記事、話題の記事、掲示板と、3つのタブが設置されていて、このトップページからたどれる記事の数だけでも、相当数が閲覧可能となっているんです。
またページの右側には、アクセスランキングの欄も設置されていて、様々な角度から、芸能ニュースを掘り下げられるようになっているんです。

メンズサイゾーについて

メンズサイゾーとは、株式会社サイゾーが設置したニュースブログのひとつで、テーマとしては、「エロ賢いがカッコイイ」というのを掲げているようです。
記事のネタとしては、少しエッチな芸能情報だったり、業界のニュース、アイドルのグラビア、エロ文化の検証、フェチ紹介、マニアックなイベントのレポートなど、他では読めない独自の情報を幅広いテーマで扱っているようです。
なお、いわゆる18禁のサイトではないとのことです。
サイトの構成としては、トップページに設置されている画像がまず目に飛び込んでくるデザインになっています。
主にランジェリーや水着姿の女性がその画像として映し出される割合が多いようです。
その画像の左側の欄に、芸能、アイドル、社会、カルチャー、連載、インタビュー、PRなどのタブが設置されていて、テーマごとの画像付きの記事が閲覧可能になっているようです。

日刊サイゾーについて

日刊サイゾーは、株式会社サイゾーの公式サイトとなりまして、形式としてはニュースブログの形をとっているということになります。
そのほかの公式サイトとしては、前述しました「サイゾーウーマン」や「メンズサイゾー」などを個別に展開しているということになるようです。
2012年から、「ビジネスジャーナル」という、経済や企業のニュースを取り扱うサイトをオープンしていたのですが、現在はこの「ビジネスジャーナル」でも、他の媒体のコンテンツでも取り扱っている、芸能関係のゴシップ記事が増加しており、サイゾーウーマンや日刊サイゾーとの違いがあいまいになってきているようです。

スポンサーリンク