NEWS

回線速度

スポンサーリンク

回線速度について

回線速度とは、インターネットをつなぐ際の速さを言います。
インターネットの回線速度の単位は、「bps (ビーピーエス」と表します。
bpsは、1秒間にどれだけの量のデータを送れるのかを表しています。
例えば1bpsは1秒間に1ビットのデータを送れるということです。
この値が高ければ回線の速度が「速い」ことになります。
より早いほうが快適にインターネットやusenなどをストレスなく楽しめますので、通信業者と速い回線速度で契約をする人はたくさんいますが、スピードを速く感じることができずに、スピードテストをしてみようと考える方も多いと思います。

インターネット上には回線速度を計るサイトがありますが・・利用前に知っておきたいことは?

ネットのスピードが気になる方はいつでも専門サイトで速度を計ることができますが、利用する端末、インターネット環境、地域、時間などによってスピードテストの速度結果は異なることをご存知でしょうか?
回線の種類としては、WiMax、光回線、usen、jcom、ADSLなどがあり、
端末としては、パソコン、スマートフォン、タブレットなどがあります。
また同じ端末であっても、速度が速い時もあれば遅い時もあります。
回線速度のスピードテストをするときは、何度か時間帯を分けてテストすることで、平均値が見えてきますので、一度のスピードテストで一喜一憂しないようにしましょう。

スポンサーリンク

インターネットで動画や音楽を楽しむときに必要な速度は?

インターネットを利用する時は速度が速いに越したことはありません。
しかし、実際はそこまで速度は必要ありません。
速度については、動画閲覧を参考にすると良いでしょう。
例えばYoutube動画を見るとき、「超高画質では3.5Mbps」程度のスピードがあれば十分です。
usenの音楽配信を聞くときは、「最低必要データ通信速度は0.1Mbps」あれば問題ないと言われています。
これを見る限り、オンラインゲームなどをしない限り、それほど回線速度を気にすることはないことがわかります。
また、スマホでusenを楽しむアプリなども出ていますが、こちらも0.1Mbps以上のスピードがあれば問題なく利用できると思います。

回線速度については、次の基準があります。

1Mbps以下は、とにかく重く画像の読み込みに時間がかかります。
1~2Mbpsは通常のサイトを見る分には大丈夫ですが、動画は重いです。
2~5Mbpsは普通のサイトと動画、それぞれストレスを感じることなく見ることができます。
また5Mbps以上になると、Youtubeの高画質閲覧も問題なく見れます。
さらに少し重たいファイルのダウンロードをしても、途中で止まることなく最後までダウンロードできます。
以上のことをふまえて、回線速度のスピードを測定して、基準の数値を上回っているか、計測してみるといいと思います。

ベストエフォートについて

回線速度の測定をして、著しく数値が低いときは、ベストエフォートが関係しています。
ベストエフォートとは日本語に訳すと、「最大の努力」という訳になります。
私たちが利用しているインターネット回線は、ユーザー1人で独占して利用しているのではなく、1つの回線を複数の人たちで共有しています。
もしも、同じ時間帯にたくさんの人がインターネット回線を利用すると、速度が遅くなりますし、自分以外の誰も利用していなければ、速度は快適になります。
これをベストエフォート方式と呼びます。
「回線の混雑具合により、その時の最高速度で臨機応変にかわるのです。
大抵のネット回線はベストエフォート方式ですので、時間帯をかえるなどして、速度の変化を感じてみるのもいいと思います。

スポンサーリンク