NEWS

ベトナム

スポンサーリンク

ベトナム

ベトナム社会主義共和国(ベトナムしゃかいしゅぎきょうわこく、ベトナム語:?C?ng Hoa Xa H?i Ch? Ngh?a Vi?t Nam(コンホアサホイチュギアヴィエットナム)?/?共和社會主義越南)、通称?ベトナム(ベトナム語:?Vi?t Nam(ヴィエットナム)?/?越南)は、東南アジアのインドシナ半島東部に位置する社会主義共和制国家。首都はハノイ。ASEAN加盟国、通貨はドン、人口9,250万人(2014年末)。
国土は南北に細長く、北は中華人民共和国、西はラオス、南西はカンボジアと国境を接する。東は南シナ海に面し、フィリピンと相対する。
ホーチミン市
ベトナム国民の父として親しまれる人物である『ホー・チ・ミン』と音韻弁別するため、通常はホーチミン市またはホーチミン・シティ(英語: Ho Chi Minh City)と呼ぶ。旧名はサイゴン(ベトナム語: Sai Gon / 柴棍 、中:西貢)であり、現地では今なお「サイゴン」という表現が、様々な場面で使われており、都市名としては「ホーチミン市」よりも通じる。また、ベトナム人の間では「HCMC」「TP.HCM」と省略されることが多い。
古くからベトナムの経済的中心地として栄え、「東洋のパリ」と呼ばれたフランス統治時代の影響が残る街並みと、経済成長で建てられた高層ビル郡と雑多なバイク渋滞・スラム街が同居し、アジアらしさを残す街並みである。登録人口ベースで800万人を抱えるホーチミン市は、ベトナム南部圏の中心として、同国GDPのおよそ半分を占め経済を牽引している。
ベトナムとの時差
日本とベトナム との時差は、2時間です。日本の方が、2時間進んでいます。
ベトナム料理
ベトナムは古来から、中国文化の影響を強く受けてきたため、ベトナム料理にも中華料理の影響が色濃く現れている。また、19世紀から20世紀にかけてフランスの植民地統治を受けていたため、他のインドシナ半島の国々同様、フランスの食文化の影響も多く残されている(バゲットやコーヒー、プリンなどが日常の食生活の中に定着しているといったような点はその例である)。食のタブーは、「魚の王」として信仰される鯨を除き存在せず、多彩な食材を扱う。
ベトナム料理の一般的な特徴として、隣接する中国広西チワン族自治区や広東省、福建省の食文化とも通ずるが、小魚を塩漬けにして発酵させた魚醤(ヌクマム、N??c m?m)などの発酵調味料を使うこと、基本的に中国の華南同様に米食文化であり、麺類や春巻の皮なども小麦ではなく米から作ることなどを挙げることができる。調理方法も炒める、蒸す、煮るなど中華料理と共通する手法が多いが、魚は、日本料理やカンボジア料理のように直火で焼く場合があるのが中華料理とは異なる。
また、料理の付け合せなどに紅白膾、生野菜類のほか、コリアンダー(ザウムイ、rau mui)、ドクダミ、タイバジル(フンクエ、hung qu?)、タデ科のベトナムコリアンダー(ザウザム、rau r?m)などの香草類をふんだんに用いる。なおこのような香草類はあらかじめ料理に入っているわけでなく、別皿に盛られて供され、好みでトッピングする事が多い。
ベトナム料理によく使われる調味料としては、上述のヌクマムのほかに、シュリンプペーストであるマムトム(M?m tom)、魚を発酵させたマムカー(m?m ca)とそれに果物や砂糖を加えたマムネム(M?m nem)、甘味噌あるいは甜麺醤にあたるトゥオン(英語版)(T??ng)、ピーナッツ味噌ダレのトゥオンダウ(T??ng ??u)、大豆醤油のヌクトゥオン(N??c t??ng)、塩(Mu?i)、生の唐辛子(?t)、酢漬けの唐辛子(D?m ?t)、ライム(Chanh)、タマリンドのたれ(M?m me)、ニンニク入りのチリソース(T??ng ?t)、コショウ(h?t tieu)、味の素などの化学調味料(Mi chinh, b?t ng?t)を挙げることができる。
ベトナムの塩は日干しの海水塩が多く単体でも味わいが深いが、コショウや小エビの粉末と混ぜたものとして、Mu?i ?t Tom(エビ唐辛子塩)、Mu?i tieu chanh(ライム塩コショウ)といった複合調味料も市販されている。醤油類はシザウ(Xi d?u:?油)と総称することもある。
肉類としては、豚肉、牛肉、鶏肉、鴨肉のほか、ヤギ肉、スッポンもよく食べられている。他に、日本では馴染みが薄い食材に、孵化前のアヒル卵、ネズミ肉、犬肉、ヘビ肉、ジャコウネコなども市場で売られており[7]、屋台などで食べられる。ハノイ周辺ではバリケンも家禽として飼育される。
海岸線が長いため、海水魚やエビ、カニ(ノコギリガザミなど)、イカ、貝類も食材として一般的である。また、紅河デルタやメコンデルタを中心とした地域ではライギョやナマズ目の淡水魚、テナガエビなどの淡水エビも食用に用いられている。ブラックタイガーやバナメイエビも国内・国外消費のために大量に養殖されている。

スポンサーリンク

在ベトナム日本国大使館

Viet Nam
Embassy of Japan
27 Lieu Giai Street, Ba Dinh District, Hanoi, Viet Nam
電話:84-(0)24-3846-3000
Fax:84-(0)24-3846-3043
http://www.vn.emb-japan.go.jp/index_jp.html

在ホーチミン日本国総領事館

Ho Chi Minh
Consulate-General of Japan
261 Dien Bien Phu Street, District 3, Ho Chi Minh City, Viet Nam
電話:84-28-3933-3510
Fax:84-28-3933-3520
http://www.hcmcgj.vn.emb-japan.go.jp

スポンサーリンク