NEWS

AQUOS

スポンサーリンク

スポンサーリンク

情報と説明まとめ:AQUOS

AQUOSとはSHARPの液晶テレビやスマートフォンやタブレットなどシャープの映像関連機器のブランドシリーズの名称です。国内では液晶テレビでの人気が高く液晶といえばSHARPというイメージを持つ人が多い程人気があります。AQUOSでは4Kモデルやフルハイビジョンの16倍にも及ぶ高解像度を持っている8Kモデルがあります。スマートフォンでの人気も高くNTTドコモ、AU、ソフトバンクと大手三社から発売されています。以前まではキャリアごとにシリーズ名が違っていました。
NTTドコモであればAQUOSZETA、AUであればAQUOSSERIE、ソフトバンクであればAQUOSXXなどでしたが2017年の夏モデルからキャリアごとにバラバラだった名称を統一してAQUOSRという名称になりました。RにはReality、Response、Robotics、Reliabilityなどの意味がありそれぞれ、臨場感のある映像美、なめらかで俊敏なレスポンス、人工知能がかしこくサポート、長く使える信頼性という意味が込められています。スマホケースも多く販売されていてSHARPの純正ケースや各メーカーからレザーケースや手帳型ケースなどが販売されています。
AQUOSとは、テレビなどの電化製品を選んだことのある方であれば聞いたことがあるのではないでしょうか。映像を出力する機器のメーカーとしての名前が世間的には知名度が高いですが、具体的にはどんなデバイスが販売しているか、そもそもどんなものなのかわからないという方も少なくないですので、今回はAQUOSについて紹介していきます。そもそもアクオスとは何の名称なのかというとシャープが販売しているスマートフォンやタブレット、液晶テレビなどのブランド名称になります。
ですのでこのような販売店や開発元があるわけではありません。ですがアクオスというブランドの知名度と人気は世間からとても高く、アクオスのブランドが付いたものを含めて液晶はシャープというイメージが世間に広がっています。その知名度が如実に出ていたのは2008年でこの年の液晶テレビの国内のシェアについては驚きの42%を占めて堂々のシェア1位を獲得しました。現在では安く購入できることからサムスンなどの海外企業の製品が入ってきて、それらの企業との差別化を図ることが当面の目標となっています。
現在アクオスの製品を購入する方の多くはブランドや品質を意識して購入しています。どういうことかというと、海外製品はどうしても個体差が存在してしまったり不良品や初期不良などが多発するため安く購入しても満足できる製品が購入できない場合があります。これを安いからしょうがないという風に考える人はサムスン等の海外製を購入しますが、その不良品からしっかりとした製品を購入したいと考える方はアクオスのような日本製の製品を購入することを好みます。
近年ではニュースやインターネットで海外製の粗悪品が注目を浴びることも多く、それらを気にして自分が不良品にあたったわけではないのに日本製のブランドであるアクオスなどを好んで購入する方もいらっしゃるようです。アクオスというブランドでは様々な商品が出されており、frostedcoverやkshf34、ロボクルやシンプルスマホ3、ケータイ2602shや02jやガラホなどもあり多ジャンルの製品を扱っています。これらの製品を購入した際には画面の説明や強制初期化などの方法については取扱説明書を見ることで解決しますのでしっかり確認してみてください。アクオスというのは日本のブランドですので品質がいい製品を購入したい方はぜひアクオスの製品を購入してみてください。

スポンサーリンク