NEWS

東海道新幹線

スポンサーリンク

東海道新幹線の時刻表の調べ方・路線図・特徴などについて

東海道新幹線の 時刻表の調べ方

時刻表といえば、以前は電話帳のような分厚いJR時刻表がダイヤ改正のたびに本屋に並び、それを買って列車の時刻を調べて旅程を立てていました。 字がとても細かく、乗り継ぎをするには別のページを見比べながら調べていました。
今でもJR 時刻表は売られていますが、今はインターネット調べるのが手っ取り早い調べ方です。東海道新幹線の 時刻表はJR東海のホームページにあります。駅名から検索も出来ますし、pdfで一覧表もあります。JR各社のサイトで検索できる範囲はJRだけです。東海道新幹線に乗るだけならばこれでも十分ですが、他の路線や飛行機も乗り継ぐ場合は乗り換え案内のサイトやスマートフォンアプリを使うのが早くて便利です。何処から何処まで行きたい、早く行きたい、安く行きたいなどによって色々な経路を示してくれます。
途中で経由したい駅があれば、それを指定することも可能です。比較検討してその中から目的に合った経路を選べるのでとても役に立ちます。
東海道新幹線を利用する場合、山陽新幹線エリアも通って博多まで出張、ということも多いと思います。乗りたい時刻の列車で東京から博多まで通しでは指定席が無くても、例えば東京-新大阪、新大阪-博多と分ければ空いている指定席がある場合があります。これは時刻表では分からないので、予約サイトで調べるか緑の窓口で聞くと良いです。

東海道新幹線の運行状況の調べ方について

東海道新幹線は東京から新大阪までの区間を指し、ダイヤ的には新大阪から博多までを結ぶ山陽新幹線と一体的な運用が行われています。つまり、東京発博多行きの列車などが多数あり、ビジネスマンや旅行社などの多くの人々が日々利用しています。
運行状況を調べる手段として本タイプの時刻表やネットの乗り換えアプリなどがあります。日本の鉄道は世界で最も時間に正確だとして有名で、仮に悪天候などで遅れが生じても、その時点で定刻からどれくらい遅れて運行されているかまで正確な情報が提供されています。ネットが普及した現代においては、乗客もスマホやパソコンを通じてそういった運行の情報を入手することが出来ます。
多くのビジネスマンや旅行社にとって非常に便利なツールがネットの「乗換案内」で、これらを利用すると目的地までの最短ルートや最安値でのルートも選択出来るようになっているのです。
時刻表などの調べ方も簡単で、現在の駅と目的地の駅の駅名を入れ、出発時刻もしくは到着時刻を入れるだけでルートが出てくるのです。新幹線の場合、緩急接続も行われていてこだま号がひかり号やのぞみ号に抜かされるために待避する駅もありますが、ネットの乗り換え案内は、それらも加味して検索結果が出てきますので非常に優れた機能を有しているのです。

スポンサーリンク

東海道新幹線の路線図について

東海道新幹線は遠出する際などに利用する事が多いと思います。駅は東京駅から新大阪駅が東海道新幹線のエリアとなります。距離としては、552.6キロであり、駅数は17駅です。車両の種類は0系から始まり、100系、300系、500系、700系、N700系となります。1986年までの新幹線の最高速度は時速210キロですが、2015年の最高速度は時速270キロと新幹線の速さも数十年でかなり変わっている為、駅間の到着時間も現在よりも遅かったと思います。
普段、新幹線に乗る際に時刻表が知りたい方が多いと思います。通常は駅のホームなどで確認できますが、スマートフォンのアプリでも確認する事ができますし、インターネット上で検索を掛け調べる事も可能です。アプリに関しては、GPS機能から現在地から最も近い駅が表示され、乗車時刻も現在の時間から換算して出させるのでとても使いやすいです。また、運行状況に関しても、アプリやネット上で全て確認出来るので、オススメです。
また、路線図に関しても駅で新幹線の路線を確認できますが、アプリやネット上で駅間ごとの値段や到着時間も確認する事ができます。アプリやネットを十分に使い、東海道新幹線に乗り、どこか遠くに出掛けてみるのもいいと思います。

【豆知識】東海道新幹線の始発駅の候補と現在の始発駅

東海道新幹線の元となる弾丸列車計画は、東京と下関間の東京と大阪間を4時間半で運航する物でしたが、第二次大戦の影響で中断しました。この時の始発駅候補は、東京駅、新宿駅、荻窪駅でしたが東京の中心部に位置し、建設費が抑えられている、防空上の理由から、市ヶ谷駅が支持されました。
戦後、東海道新幹線が計画されましたが始発駅は未定でした。候補地は、ワシントンハイツ、明治神宮外苑、新宿駅西口、淀橋浄水場跡、新宿御苑、市ヶ谷、代官町、竹橋、飯田町駅品川駅、汐留駅、東京駅八重洲側、東京駅丸の内側、皇居前広場でした。交通量がやや少ない副都心が始発駅とするのと、地下鉄などの発展を考慮し、中心部の東京駅が始発駅とする意見があり、14候補が品川駅、汐留駅、東京駅八重洲側、皇居前広場の4に箇所絞られ、皇居前広場と品川駅は用地の確保が困難で、品川駅は用地確保と工事困難のため選ばれませんでした。そして工事費は一番高いですが、用地の確保しやすさ、便利さのため東京駅が選ばれました。弾丸列車計画時の用地やトンネルの利用で僅か5年でできました。
現在、東京始発以外では、6時発の「のぞみ99号博多行」が品川始発と6時発「ひかり493号広島行き」新横浜始発があります。

東海道新幹線の魅力について

旅行や出張など多くの人が交通手段として新幹線を利用すると思いますが、東海道新幹線は、交通面でも便利で関東から関西に行く時はとても便利です。
東海道新幹線の魅力としては、最高時速270キロの速度の違う列車が最短3分ほどの間隔で詰めて走ることができると言えます。大量高速輸送として、外国の諸列車には出来ないことに尽きます。
品川から新大阪までであれば3時間もかからずに到着するので、多くの人が利用する新幹線で、西と東を結ぶ新幹線として人気があります。東海道新幹線はシンプルなデザインが特徴的で、メインのカラーは白で、多くの新幹線ファンもいるほどに人気が高いです。
東海道新幹線では、開業から50年を迎えた今日まで、事故による死者を乗客の中から一人も出していないという驚異的な安全率を誇る高速鉄道であることは誇れるポイントとも言えます。
日々進化し続ける新幹線は、品川から京都や新大阪など観光地へ結ぶ大事な路線であることは間違いなく週末となれば多くの人が利用する新幹線と言えます。東海道新幹線の中でものんびりと新幹線の旅を続けたいのであれば、のぞみではなくこだまがおすすめです。
こだまは自由席が空いていて、品川から新大阪まで4時間ちょっとと軽い旅としては窓の景色などを見ながら楽しめます。スピーディーに到着したいのであれば、のぞみに乗ることで目的地までは早く到着する事が出来ます。目的によって新幹線を使い分けする事が出来るのも東海道新幹線の魅力と言えます。

スポンサーリンク