健康

薬の飲み合わせ。飲み方。間違ってませんか?正しい方法は?

スポンサーリンク

あなたは薬を飲む時何で飲みますか
お茶ですか?それともコーヒーでしょうか。
今回は、薬の飲み合わせについてご紹介します

薬は何で飲むのが正しい。 水以外が駄目な理由を知っておこう

お薬を飲むには水が最適です。
この事をご存知の方も多いのではないかと思います。
ではなぜカフェインがダメなのかというと、
カフェインには、もともと心臓血管系や中枢神経に関する副作用があります。
薬によってはカフェインの分解を抑制することで、
中枢神経刺激作用、神経過敏、イライラ、不眠などが出てきてしまったり
血中濃度が上昇し鎮痛効果や、出血傾向が強まる可能性のある薬もあります
逆にカフェインが薬剤の効果を弱める可能性もあります。
牛乳やヨーグルトなどの、乳製品はカルシウムを多く含んでおり薬と結合することによって吸収が悪くなります
これを避けるには薬剤の服用後2時間程度
牛乳の摂取を避けることが望ましいとされています。
また薬剤の吸収が促進され作用が増強する可能性や、
高カルシウム血症などの副作用が現れることがあります
これ以外にも、お茶に含まれるタンニンとの相性が良くない薬などもあったり、
なかなかすべてを覚えるのは大変ですので、お薬はお水で飲むと覚えていたほうが良いと思います
[voice icon=”http://radioprima.net/wp-content/uploads/2018/09/icon_medical_woman04-e1538207553550.png ” type=”l”]水以外のものは何か師が薬の効用に影響するものが多いんですね
それでは2種類以上の薬を一緒に飲むのはどうなんでしょうか
例えば市販の風邪薬を飲み始めたけれど
咳が止まらないので、別に咳止めも一緒になどは大丈夫なのでしょうか?[/voice]

市販薬の飲み合わせ。 市販品だから副作用も少ないから大丈夫とか思ってませんか?

市販の風邪薬というのが結構厄介で、同じ名前の下に n とか s とか
sc錠など名前を足してたくさんの種類が販売されています。
しかも同じシリーズなのに、主成分がアセトアミノフェンであったり、イブプロフェンであったりと様々です。
風邪薬とはいわゆる総合感冒薬をさし
熱も下げるし、喉の痛みも取るし、鼻水とめるといった具合に
色々な症状に効くように作られているので風邪薬の中に
もともと咳止めの成分が入っているものが多いため注意が必要です。
薬を購入する際にお店の人に、成分が重なっていないかなどを確認することが大事です

スポンサーリンク

市販の薬で、胃腸薬同士の飲み合わせはどうでしょうか?油断してはいけません

胃腸薬とひとことで言ってもこれまた総合感冒薬のようにいろいろな種類の成分が入っているものをたくさん見かけます
中には成分が一つしか入っていないものもありますが
様々な用途に使ってもらえるようにいろいろなものを組み合わせて作られるものが多いようです。
便秘薬の中にはマグネシウムを多く含んだ便秘薬があり
マグネシウムは便秘だけでなく胃酸を中和する働きもあります
ですので、胃薬として使うこともできます
胃腸薬も風邪薬と同じように市販でお薬を購入する際には成分を見てもらうことが肝心です
もし病院で薬を出してもらっている場合はそれも診てもらった方が良いでしょう
[voice icon=”http://radioprima.net/wp-content/uploads/2018/09/icon_medical_woman04-e1538207553550.png ” type=”l”]胃腸薬もやはりの見合わせる場合は専門家に診てもらったほうがよさそうですね
それでは病院で出してもらう薬と、市販の薬の場合はどうなんでしょう
具体的に注意が必要な薬の飲み合わせってあるのでしょうか
痛み止めと、風邪薬や、咳止め、解熱剤などの飲み合わせ、
アレルギーのお薬、それから抗精神薬など注意する飲み合わせがありましたら教えてください[/voice]

病院で処方された薬と、市販の薬の飲み合わせは?やっちゃ駄目な飲み合わせ

処方された薬に限らず飲み合わせの悪いものは本当にたくさんあり、ここでは到底すべてをあげることはできません
ただ先ほどの話の繰り返しになりますが、
総合感冒薬には名前が同じでもシリーズによって主成分が違うものがあったり、風邪の薬といっても
解熱剤と同じ成分が入っていたり、咳止めやアレルギーの成分が入っているものがあります
痛み止めと解熱剤は一つの薬で両方の作用を持っているものが多く
アレルギーの薬は副作用で眠気の出るものがあり
抗精神薬も種類によっては、眠気の副作用が増強されることが多くあります。
ですから注意する飲み合わせはと聞かれたら
乱暴ですが全部注意してくださいと申し上げるしかありません
ただ解決法もあって、それを防ぐためにおくすり手帳というものがあります
このおくすり手帳はその患者様を知る上でもとても大事なものになりますので
ぜひ手帳を活用していただきたいと思います。
特に大地震など有事の際にこの手帳が患者様の命綱となることもあります
すぐに取り出せる所に保管することも大事です
[voice icon=”http://radioprima.net/wp-content/uploads/2018/09/icon_medical_woman04-e1538207553550.png ” type=”l”]結局薬の飲み合わせに関しては専門家に相談してからにしたほうがよいということなんですね
そしておくすり手帳いつもきちんとシールを張ってすぐに魅せられるように心がけたいと思います
これからの季節は風邪などをひいてお薬のお世話になる場合も多くなるかもしれませんね[/voice]

スポンサーリンク