健康

一過性脳虚血発作を知ろう。 脳卒中の一歩手前のサイン

スポンサーリンク

 

皆さんは一過性脳虚血発作って聞いたことありますか?
TIA 一過性脳虚血発作とは?

 

あまり知られていない、一過性脳虚血発作とは、どんな病気なのか?

一過性脳虚血発作とは一時的な脳の虚血発作のことで、一時的に脳卒中と同じような症状が起こります。
これらの症状は、通常大きな治療をすることなしに治ってしまいます
生理学的にこの症状は、脳内の動脈のうちのどこかが部分的な閉塞を起こした結果で、一時的に衰弱、
精神状態の変化、ろれつが回らない、発言困難、歩行困難、視力喪失、また
めまいを起こすこともあります
一過性脳虚血発作で気をつけないといけないのは発作を起こした人が、次の30日間以内
に大きな脳卒中を起こすリスクが増大することです
脳卒中になってしまうとダメージは永続的で
症状も重症になる可能性さえあります。
この一過性脳虚血発作は、右脳卒中とも呼ばれています。
 
[voice icon=”http://radioprima.net/wp-content/uploads/2018/09/icon_medical_woman04-e1538207553550.png ” type=”l”]
一過性脳虚血発作が起こると短期間で治ってしまっても30日以内に大きな脳卒中が
起こる可能性が高くなるんですね
それではどのような人にリスクがあるのでしょうか
[/voice]

どのような人にリスクがあるのか? 一過性脳虚血発作のリスクが高い人とは。

 
一過性脳虚血発作の危険因子は、糖尿病、高血圧
高コレステロール、喫煙、運動不足、及び高齢、特に80歳以上などです。
心房細動、または頚動脈疾患と、診断された人もまたリスクが高いようです。
時間とともに脳に血液を供給する動脈が
アテローム性動脈硬化症を発症し、血管を狭窄させ血流を止めてしまうことがあります
アテロームとはコレステロールなどの、脂肪やカルシウム
線維性成分などが、血管内部に蓄積したもので、危険因子はすべてこのアテローム性動脈硬化症の発症に
関係していると考えられています
他にも心臓や頚動脈など脳以外の他の動脈が、アテローム性動脈硬化症になり
そこから、血栓や脂肪がはがれて脳に到達し、脳の血流を遮断することがあります。

スポンサーリンク

一過性脳虚血発作を起こしている疑いがある場合は?病院に行くまでにできること

病院に行く前で最も重要なステップは、脳卒中や一過性脳虚血発作の症状の認知と早期治療です。
これらの症状を最初に気づいた時、またはその人が最後に正常だった時を知ることも重要です
これは病院の医師が治療法を決定するのを助けます
そしてできるだけ早く医療機関に行くことは、次のステップです
TIA 一過性脳虚血発作と脳卒中を区別するのは非常に困難なのでできるだけ早く
医療機関で治療を受けることが重要です。
発作を起こしている人がいる場合、治療は病院で行う必要があります
専門医が血の塊である血併を取り除くことができ、また薬物でそれを分解することもできます
これらの非常に専門的な手順は、できるだけ早く始めればそれだけ
最大限の効果を得ることができます。
あまり時間が過ぎてしまうと、時には治療が全く助けにならないこともあります。
もし脳卒中や TIA を患っていると感じたら、医師の指示があるまで
アスピリンを飲むことはお勧めしません・
頭蓋内出血と呼ばれる別の病気があり、脳内に発生する動脈閉塞ではなく
実際には動脈から出血している可能性があるからです。
頭蓋内出血の症状は TIA または脳卒中と非常によく似ています。
血を薄くしてけ血栓ができないようにする、アスピリンはこの出血を悪化させる可能性があります。
なので患者さんが、頭蓋内出血ではないことを確認してから
アスピリンをとることが必要です
 
[voice icon=”http://radioprima.net/wp-content/uploads/2018/09/icon_medical_woman04-e1538207553550.png ” type=”l”]
異常を感じたら即病院に連絡することが重要ということでした
それでは一時的な脳の虚血性発作を防ぐ方法はあるのでしょうか
[/voice]

一過性脳虚血発作の予防法は? どんな事で、発症を抑えられる?

危険因子を減らすことは TIA 一過性脳虚血発作を予防する最も効果的な方法です
高血圧患者の血圧を下げる糖尿病患者の血糖をコントロールする
コレステロール値を下げる
禁煙および運動などは、すべてアテローム性動脈硬化と関係があります。
なので原因を減らしていくことで発症を遅らせることができます
これらの状態の患者さんの心房細動
または敬三脈疾患の適切な治療も重要になります
少量のアスピリンは脳卒中予防のために1日1回服用するといいでしょう
先ほども言った通りアスピリンは頭蓋内出血などの急性出血を悪化させることになり
ますので最初に医師と相談して使用されると良いと思います
 
[voice icon=”http://radioprima.net/wp-content/uploads/2018/09/icon_medical_woman04-e1538207553550.png ” type=”l”]
やはり予防には原因になりうる因子を減らしていくことですよね
そして梗塞なのか出血なのかがわかるまで薬は飲まない
医師による正確な診断と処置をできるだけ早く受ける必要があるということでした
[/voice]
 
 

スポンサーリンク